まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルマスター XENOGLOSSIA 1~4話

4月から一部の民放(6局)で深夜に放送してる新番組。
5月からAT-Xでもやるので地上波で見れない人はそちらで。
原案はアーケードのアイドル育成ゲームでやったことは有りません。
※セル・レンタルDVDのリリースは7/27から
天海春香はアイドルマスター・プロジェクトに合格し上京することになった。
アパートを目指したものの途中で迷子になりいつのまにか海の見える場所に。
そこでカワイイ女の子にいきなり襲われて、あわや攫われそうになった。
その時、海が割れロボットが出現し、彼女はコックピットに吸い込まれる。
コックピットの中の春香には何が起きてるのさっぱり理解できなかった。
実は彼女の合格したアイドルマスター・プロジェクトのアイドルとは
歌って踊るアイドルのことではない、とこの後すぐに知ることになる。

アイドルマスターがロボットアニメになると聞いて
てっきりアイドルのお仕事の一環としてロボットに乗るのかとばかり……
この作品で言うアイドルとはロボットのことでマスターはそのパイロット、
つまりアイドルマスターとはロボット(iDOL)のパイロットのことだった。
って元ゲームとタイトルは同じだけど設定に何の共通点もないじゃん。
※主要なキャラの名前や姿はゲームと同じです
もしかしてもアイドルたちが出演してる番組みたいなコンセプトなのか?
アイドル成長ネタのアニメはここ最近何作もやっててマンネリ気味だから、
全く違った切り口のこんな作品もアリかもしれないけど。

元ゲームのことは切り離して作品のことを見てみた感想。
キャラ絵や背景など凄くしっかり描かれてて作品世界に奥行きが感じられる。
ウリであるロボットの動きがいいし、時にはキャラでもアクションを魅せる。
1話のiDOL出撃シーンで街がダイナミックに変化するのもインパクト有った。
そんな感じでビジュアル面に関しては文句なしのクオリティです。
ストーリー面でも日常の何気ないシーンはキャラが生き生きしてていい感じ。
毎回着ぐるみで出てくる人もいい味だしてるよ。

そんな一見するとよさそうに見えるこの作品のマイナス点を。
まずこの作品の根本的な設定がかなりアレだね。
落下する隕石を破壊するためにロボットで宇宙に上がってパンチするって……
(そんなことしたらデブリだらけになるぞ)
バンダイビジュアルも自分のところで似たような設定の作品があるんだから、
作る前にその設定はちょっとやめたほうがとかアドバイスぐらいしろよ。
よーするにストラトス・フォーを知ってる人にはあまりに滑稽に見えます
スト4だってかなり大胆な設定だけど、それをリアルに見せる努力をしてる。
でもこの作品は見てる人に納得させようって努力があまり感じられません。
空間描写が凄くリアルなので余計に行為の説得力のなさが際立ってる。

設定の嘘くささはそこだけじゃない。
例えばiDOLの基地が地下にあるのは100歩譲ってアリとして、
なぜその基地の存在やそこで働いていることをカモフラージュする必要が?
隕石を破壊するのは世界的な事業だしiDOLの存在も一般に認知されてるのに。
それに基地の人間の大半が子供でなければ学校と偽装するのは無理があるよ。
春香たちに制服を着せるための設定なのは考えるまでもなく明白でしょうが。
なら、他のロボットアニメみたく学校と仕事の二重生活させればいいじゃん。
やらされるほうはたまったもんではないけど。
さらに壊れた月の破片の落下から地上を守るのに敵対する組織って何じゃ?
月の破片にはスペースシードでも付着してるんですか?(笑)
ロボットを活躍させるのにしても、もちっとマシな設定はデキなかったのか?
せっかくいいキャラが揃ってるんだから、キャラが生きる作品にしてくれ。

コメント

あれはバンダイナムコ、というかナムコのアイマス原作者は反発したのを
聞かずにサンライズ側が強引に改変をした。
その結果が大惨敗(売り上げ3千枚すら切る巻が存在)

経緯としては、

バンダイビジュアル出身の現バンナムゲームスの副社長、鵜之澤氏。この人がサンライズに話を持っていった。
http://blog.livedoor.jp/ume_black/archives/51846685.html
監督の長井龍雪が「この内容だと自分には作り難い、設定を変えさせてくれるなら引き受ける」と条件を出したのが始まりで
http://www.makonako.com/mt/archives/2007/10/post_631.html
(のコメント欄。ブログ主の記事の情報は間違ってる)

また、サンライズプロデューサーの古里尚丈も「ゲームのキャラで『舞-HiME』を
作って下さいという依頼だと好意的に解釈して考えたんです」というとても寝ぼけたことを
後のインタビューで語っている。じゃあ何で原作者は反発したんだ?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E9%87%8C%E5%B0%9A%E4%B8%88

合併効果を早く出したいとあせった鵜之澤氏が強引に話を進めてしまった気がする。ナムコ側、特に現場は抵抗したが押し切られてしまった。(昔のHPのエイプリルフール(アニメ化ネタ)を注釈したページに内部的には挑発しすぎですがと書いてある)
http://www.idolmaster.jp/imas/archive/history/index.htm
ちなみに鵜之澤副社長はL4U発売時にはちゃっかり原案派になっていたりする。
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0801/18/news109.html
2008/12/06(土) 09:32:06 | URL | [編集]

記事に対する意見になってないような気がしますが……

それから名前を書かないと削除する場合があります。
2008/12/06(土) 18:19:09 | URL | NAVI [編集]

バンダイビジュアルをバンダイナムコと見間違えちゃった。
要するにナムコに責任は有りませんよといいたかっただけ
消してもかまいませんよ。
2008/12/11(木) 14:48:54 | URL | [編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事への反論は非公開を指定しても公開します
公開して欲しくなければメールで送って下さい

※コメント・トラックバックについてのおことわり

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://navido.blog12.fc2.com/tb.php/917-87da3ebb

レビュー・評価:アイドルマスター XENOGLOSSIA(ゼノグラシア)/第4話 餃子とアメリカンドッグ

品質評価 29 / 萌え評価 24 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 34 / シリアス評価 6 / お色気評価 16 / 総合評価 20レビュー数 130 件  インベルを起動させ、初めての操縦に成功する春香。一方、伊織はドロップの除去に失敗してしまう。その初歩的なミスへの責任から、伊織はあず
2007/06/12(火) 17:56:43 ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。