まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京極夏彦・巷説百物語 1~4話

10~12月に一部の民放で放送してた新番組。キッズは12月から。
そして関東では遅れて1月から放送してます。TVKで。
ビデオレンタルもすでに始まってます。
原作は小説で読んだことありません。
舞台は江戸末期。着物と妖怪が似合う時代の話。
まるで妖怪が起こしたかのような不可解な事件が起こり、
その謎を解き明かす時、人の心の深い闇が見えてくる

小説が原作と言うコトで映像的に冒険しまくってます。
コントラストを強くして墨絵に色を付けたような、そんな映像。
パースを意図的に歪めた「絵」って感じのアートワークも素敵。
これ見てたら「まんが日本むかし話」を思い出したよ。
妖怪を題材にしながら人間の心の話って内容も好きなタイプだし、
映像的に尖がってて映像作品としても良く出来てていいっすね。
こんな感じで人魚の森が映像化されてたら……

ちなみに位置がずいぶん下に見えるかもしれないけど
実はこの上に並んでるのはあまり差がないです。
で、この下との差は激しくあります。1軍と2軍ぐらい(爆)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事への反論は非公開を指定しても公開します
公開して欲しくなければメールで送って下さい

※コメント・トラックバックについてのおことわり

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://navido.blog12.fc2.com/tb.php/714-854976f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。