まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

009-1 1~4話

10月からTBS(のみ)で木曜日の深夜に放送してる新番組。
BS-iでもやってるので地上波で見れない人はそちらで。
原作は30年以上前の青年誌のマンガでよく知りません。
※セル・レンタルDVDのリリースは12/20から
世界が二つの大きな勢力に分断されて長い冷戦が続く世界。
表立った大規模な戦闘こそなかったが、影で小競り合いが続いていた。
そんな二つの勢力が衝突する前線で活躍する一人のエージェントの物語。
コードネーム009-1(ゼロゼロナインワン)と呼ばれる彼女(ミレイヌ)は
全身に機械を埋め込んで身体機能を飛躍的に高めたサイボーグだった。
その力と明晰な頭脳(?)によってトップクラスの実力を誇っていた。
彼女がエージェントの仕事の過程で感じたものは。みたいな内容。

009ってタイトルだからてっきり往年の名作のリメイクだと思ってた。
でも見た感じは主人公がサイボーグって以外は共通点が無いような。
確かにテイストはレトロちっくでセルフオマージュっぽいけど。
でも現在のスタイルでレトロ感を描いてるのでリメイク感は全くない。
よーするに銀河鉄道物語ではなくProject BLUEとかと同じ手法ってこと。
レトロな見た目のわりに古くさくはないので、雰囲気はいいっすね。

それにしても009まで美少女アクションモノになりますか……
(これでパンツを見せまくればナジカ電撃作戦っすね)
元のキャラをそのまま現代風にアレンジすれば良かったような気が。
いくら深夜枠だからって美少女モノっぽくする必要はないような。
てゆーか美少女モノばかり氾濫する現状はちょっとどーかと思うよ。
かといって男キャラばかりが並んでるのもアレだが。
少なくともこーゆー作品を見たい人は美少女にこだわらないと思う。

内容について。
雰囲気はいいし、ストーリーもそこそこ面白い。しかし……
毎回読み切りエピソードな上に、レギュラーが事実上ミレーヌ一人だし、
そのミレーヌは表情に乏しいし、で作品に対する思い入れがしにくい。
キャラの魅力や印象はミレーヌよりも毎回のゲストの方が強いぐらいで。
でも凄腕エージェントと絡むゲストなのでかなりの確率で死にます(爆)
見てて豪華キャストのゲストが毎回死んでたNOIRを思い出したり。
ロキの出てくる4話を見てて思ったけど、これを1話か2話にやって、
その後も仕事でロキと間接的に絡めて頻繁に出せば良くなりそうな気が。
(陣営が別なので直接対するとどちらかが死ぬ可能性が)

ミレーヌはエージェントなのであまり感情をあらわにしないけど、
表面には出さない思いを内に秘めてるキャラではないかと思われます。
しかしミレーヌ役の声優さんの力量であまりそうは感じられなかった。
一人で作品を支えなきゃいけない役者になぜ釈由美子さんを……
この作品だと主人公の周りに実力のある人を配する手が通じないのに。
(ゲストキャラの声優さんは実力派ぞろい)
それなりに聞けるし全く論外と言うほどではないのだけど。
でもミレーヌの印象の弱さの何割かは演技力のせいだから。

ちなみに。
サウンドトラックは聞けばすぐわかるほどに岩崎琢さん風味です。
と言うかレトロなテイストに岩崎琢さんの曲調は似合いすぎ!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事への反論は非公開を指定しても公開します
公開して欲しくなければメールで送って下さい

※コメント・トラックバックについてのおことわり

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://navido.blog12.fc2.com/tb.php/627-33d9ac85

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。