まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史上最強の弟子ケンイチ 1~4話

10月からテレビ東京系(6局)で土曜日の深夜に放送してる新番組。
BSジャパンでもやってるので地上波で見れない人はそちらで。
原作は少年誌(サンデー)のマンガで前身の月刊版を1巻だけ読みました。
※セル・レンタルDVDのリリースは3/23から
いじめられっ子のケンイチはそれを変えるべく高校入学を機に空手部に入った。
しかしそこでも理不尽な扱いを受けちっとも練習をさせてもらえなかった。
それどころか同じ1年だけど有望だと特別扱いをされる(バカな)大門寺に
難癖をつけられ勝負をして負けたほうが退部することになってしまった。
(こんなクソみたいな部活なんか固執ぜずさっさとやめるべきだが)
勝ち目がないどころか命の危険すら感じてお先真っ暗なケンイチに
転校初日に偶然縁があって友達になった風林寺美羽が助け船を出した。
ある場所に行って修行すれば必ず強くなれると。ただし生きていれば
どーせ今のままでも死ぬかもしれない、とケンイチは梁山泊の扉を叩いた。

力も技もない主人公が何か理由があって強くなろうとする。
そして一つ一つ技術を積み重ねて強くなっていくハウツーっぽい展開。
(ここで描かれてる内容が実際に通用するかは別として)
この手のアプローチは少年マンガでは腐るほどある超定番スタイル。
ありがちで新鮮味はないけど教科書通りで安心して見れるとも言える。
梁山泊の師匠たちのキャラがみょーに濃いのでそこそこ楽しめるし。
格闘マンガが好きな人ならまぁ面白いのでは?

ただ、ケンイチと戦う相手方のキャラ(性格)がちょっと……
頭蓋骨の中に筋肉がつまってるのかと言いたくなるほどバカだし。
それも見てて笑えるおバカさんではなく、嫌悪感を感じるバカだし。
ケンイチも洞察力とか精神力とか人並みにすら達してないし。
「あんなに頑張って鍛えたのに簡単に負けた」って悔しがるけど、
あんたは悔しがるほどのことをまだやってないっつーの。
いくら成長する物語でもスタート地点が低すぎではないのかと。
同じ題材で描くにしたっても少しキャラを魅力的に描けるはずだよ。
見た目はともかく(同じ枠の)前の作品のほうがずっとマシだったね。
※この作品だって見た目はお世辞にも良くない

あ、作品の面白さとはあまり関係がないけど
この作品の主要キャストはそうそうたる顔ぶれです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事への反論は非公開を指定しても公開します
公開して欲しくなければメールで送って下さい

※コメント・トラックバックについてのおことわり

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://navido.blog12.fc2.com/tb.php/606-2c81e7ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。