まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ergo Proxy 1~2巻

4月からWOWOWで放送してた全23話の新番組。DVDレンタル。
※レンタルDVDはセルDVDと同時リリース(6巻まで発売済)
遠い未来。人とロボットが共存する世界。人の生活は徹底的に管理され、
それに従うことこそ良い市民とされるドームシティ「ロムド」での物語。
市民情報局のリル・メイヤーは都市で起こる謎の殺人事件を追っていた。
その調査の過程で目にした謎のメッセージと、襲ってきた異形の怪人。
真実を追い求める彼女がたどり着いた場所は。
そして楽園であるはずのロムドの裏に隠されていたものは。
みたいな話だと思うけど2巻4話までではほんの断片しか見えません。

この作品にはオートレイヴという人造人間が出てきます。
恐らく人口の限られた世界で人を補完するために存在してるのでしょう。
人型だけど人にはあまり似ていない助手的な位置付けのタイプがあったり
家族の一員として人に酷似した愛玩タイプなんてのもあったりする。
オートレイブは人造人間だけど無闇に破壊(殺)してはいけないみたいで。
オートレイブ殺人犯みたいなことを言ってるし。人に準じる扱いなのかな。
このオートレイブはコギトウィルスに感染すると自我を持つらしい。
そして自我を持った感染オートレイヴはある特定のルートを辿るらしい。
それが何を意味してるのか、どこを目指してのかまだ分かってません。

ウィッチハンターロビンの村瀬さんの久々の新作です。
作品のテイスト的にはロビン+攻殻(イノセンス)みたいな感じかな。
クオリティ的にもロビンや攻殻に匹敵するハイレベルな作品っすね。
なので見初めてすぐにぐいぐい興味をそそる展開&映像になってる。
しかーし、ストーリー的にも画面(配色)的にもとっても分かりにくい。
現実とは少し違う世界で予備知識なしだとわからない仕組みが多いのに、
世界の説明は最小限で事件のエピソードをどんどん見せてくれるから。
それ自体は興味を引く構成だけど土台を知らないと理解するのが大変。
最初はシンプルなエピソードで世界の構造を見せたほうが良かったような。
そして全般に画面が暗いので何が起きてるか分かりにくくて目が疲れます。
雰囲気を重視するのはいいと思うけど、もう少し脳と目に優しくしてくれ。
とは言え、興味深い内容なので時間があれば続きを見てみたいすね。

ところで、デタルスって最初見たときは女性だと思ったよ。
てゆーか「リルの王子様」って表現が出るまでずっと女だとばかり(爆)。
そもそも声もルックスも女でも(男でも)十分通用するし。
今のとこ男か女を見分けるシチュエーションも存在しないし。
※設定上の違いしかないって意味
もちっと男に見えやすいデザインにしたほうが良かったのでは?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事への反論は非公開を指定しても公開します
公開して欲しくなければメールで送って下さい

※コメント・トラックバックについてのおことわり

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://navido.blog12.fc2.com/tb.php/601-62ef9066

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。