まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとぎ銃士赤ずきん 1~5話

7月からテレビ東京系他(8局)で土曜日の朝に放送してる新番組。
BSジャパンとAT-X(9月~)でも放送してるので地上波で見れない人はそちらで。
※セル・レンタルDVDのリリースは11/29から
草花と話が出来たりする不思議な力を持つ(らしい)少年、鈴風草太14歳。
草太は御伽噺が好きで母がいつも話してくれた物語の載る本を探していた。
その草太はここ最近何度となく化け物に追いかけられる夢を見るのだった。
そんなある日、夢で見た化物が現実に出現して草太を襲ってきた。
絶体絶命の危機を救ったのは不思議な格好をした女の子と喋る狼だった。
彼女は自らを赤ずきんと名乗り草太を守るためにここに来たと言うのだ。
こうして二つの世界を巡る大きな流れに草太は巻きこまれていった。

OVA付きのフィギュア「フィギュアニメ」として制作された作品を
早朝放送の女児向けのテレビシリーズとして内容変更したものです。
OVA版はフィギュア扱いなのでレンタルは(今のところ)出てません。
なのでOVA版とテレビシリーズがどの程度違うかはさっぱりわからん。
放送を見る限りは小さい女の子向けの戦う変身魔法少女みたいな作品。
と言っても変身はしないけど。上を脱ぐ以外はいつも同じ格好してるし。
女の子向けならもう少し服装に気を使ったほうがいいような……

赤ずきんと言えば童話に出てくる超有名なキャラですが
実はこの作品には他にも童話キャラ(の名前)が続々登場します。
おとぎ銃士も赤ずきん以外に白雪姫といばら姫が出てくるし。
敵方にはヘンゼルとグレーテルがいるし。
敵のボスはサンドリヨン(シンデレラのこと)だし。
そんな感じで見てると知らずに童話の知識が身につく……ことはない。
つーか名前以外に童話の元キャラと共通点って有るのか?

この作品は(半分)現実を舞台にしてるのでそれなりに現実味は有ります。
戦うあたりは現実味はないけどこの手の作品のお約束なので気にするな。
(短いナイフの2刀流は動きが小さくてイマイチ見映えもしないし)
日常のシーンでどこまで面白く描けるかがポイントと言ってもいいし。
そーいう意味では銃士たちの日常の行動は結構ボケてて面白いです。
そもそも銃士たちは別世界から来たのでこの世界のことを知らないから、
いろんなことに驚いたり感心したり行動がずれてたりで見てて飽きない。
さらに赤ずきんは性格がすっ呆けてるからボケっぷりが強烈だし。
魔法で眠らされたのかと思ったら腹いっぱいで眠ってただけとか。
ちょっと変化球っぽいキャラ描写で楽しませようと工夫してる感じです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事への反論は非公開を指定しても公開します
公開して欲しくなければメールで送って下さい

※コメント・トラックバックについてのおことわり

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://navido.blog12.fc2.com/tb.php/583-dc2e7925

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。