まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜蘭高校ホスト部 1~7話

4月から日本テレビ系(5局)で火曜日の深夜に放送中の新番組。
原作は少女誌(LaLa)のマンガで読んだことありません。
※セル・レンタルDVDのリリースは7/26から
良家の子女の集う桜蘭学院。生徒はみな金に不自由せず暇を持て余していた。
そんな暇な生徒たちに優雅な一時を提供するためにホスト部は生まれたのだ。
と言うか自分たちも暇だから趣味と実益を兼ねて暇つぶしを始めたのだった。
そんなホスト部のある第三音楽室にひょんなことで迷いこんだ藤岡ハルヒ。
見た目さえない少年のハルヒはうっかり高価な壷を割ってしまったから大変。
(この学院では希な)奨学特待生だったハルヒの家は庶民で弁償する金もなく、
仕方ないのでホスト部の下働きとしてこき使われることになるのだった。
で実はこのハルヒは女の子で、コギレイにすると結構可愛いかったりして、
借金返済の近道とそそのかされて、性別を隠してホストをすることになる。

見始めてまず思ったこと。ウテナかよ!(笑)
おそらく全国100万人が同じツッコミを入れたね。間違いない!
そもそもシリーズ構成(榎戸洋司さん)がウテナと同じ人だし。
背景の色の塗りかたなんかウテナそっくりだし(美術監督は違う)。
電球が点灯していくとこもウテナ(むしろ忘却の旋律かも)だし。
※忘却の旋律の表現スタイルはウテナの影響を色濃く受けてる
ポップな表現はウテナというよりはフルバに近い気もするけど。

こんなポップな表現スタイルの少女モノのアニメは凄く久しぶり。
ポップ表現は少女モノの専売特許みたいな時代もあったのに。
(きんぎょ、こどちゃ、ウテナ、カレカノ、フルバ、超GALSなど)
この手の表現スタイルは大好きだから画面を見てるだけでも楽しいよ。
画面を見たいがために最後まで見続けそうな予感がします(笑)。
D.C.(1期)を見続けた理由も少女モノゆずりのポップ表現だったので。

表現の話はとりあえず置いといて内容のこと。
金持ち学校というのは少女マンガではナゼか定番だったりします。
金持ちの御曹司&お嬢様の暇つぶしって設定も「有閑倶楽部」という
超有名な作品が過去(ってまだ超不定期連載中だけど)に有ったし。
男装して男の中に紛れるのも「花ざかりの君たちへ」が有ったし。
(男装して問題ない体型以外はそんなに似ていませんが)
ホストな面々もれんげの解説通りお約束なキャラが取り揃えてあるし。
いかにも中学高校ぐらいの女の子たちのツボを直撃しそうな作品すね。
いわゆるモエ~~ってやつですよ(爆)。

金持ちと庶民の感覚のギャップを面白おかしく描いてて
庶民コーヒー(インスタントコーヒー)のとこの嫌みったらしい言い回しとか。
ハルヒのごちそう=大トロって発言で寿司屋に特上寿司を注文したりとか。
次から次へと笑わされまくりで腹痛くなったよ。
ハルヒのやる気のなさそうなツッコミが視聴者を代弁してるとも言えるけど
「ああ、もう好きにして」って感じの呆れっぷりがとても伝わってきます。

ハルヒが女の子なのは(原作を読んだことないのに)なぜか知ってたので、
初登場の地味で冴えない(どころじゃない)少年の格好にちょっと唖然。
声もそのまんま少年で通用しそうな感じだったし。
あれじゃさすがに女の子だとわからんよ。というか信じられないよ。
坂本真綾さんは名前はよく知ってた(歌のほうが有名だし)んだけど、
声優としての印象がほとんどなくて、こーゆー声かとか思いつつ見てた。

キャラといえばホスト部のキング(通称は殿)の環。
NO.1ホストであり、イッちゃってる度もダントツNO.1っすね。
見た目は美形だし営業中はカッコイイのに素だとちょっとおバカさんで。
ラブコメ担当とか自称してたけど、お笑い担当の間違いじゃないのかと(爆)。
ハルヒにウザイとか言われるのもいたしかたあるまい。
にしてもWOLF'S RAINの主人公の声(宮野真守さん)でこんなおバカな役を……

インパクトで言えば宝積寺れんげ!
初っ端から「うきどきメモリアル」って……
この手のお約束作品はわかってても誰もツッコミを入れないもんだけど
あえて視聴者側のキャラを登場させツッコミと解説とキャラのてこ入れを(笑)。
4話で好き勝手にやって怒られて退場してフランスに帰った。
と思ったら5話では強力モーターつきの舞台装置で登場するし(爆)。

6話でも強力モーターつきの舞台装置(以下略)
7話の巨大な室内プールでも強力モーター(以下略)
まさかこれから毎回アレで出てくるんじゃあるまいな?(笑)
7話では水着でおなかに変な模様をつけて(コスプレして)出現するし。
どっかで見た模様だなとか思ったら久遠(ラーゼフォン)かよ!
※コスプレれんげのバックに本物と書いてある久遠の絵が
BONESの自社版権だからできるミラクルな手法っすね。

そんな感じで
1から10までハイテンションに飛ばしてるようにも思えるけど
2話の春日崎と珠洲島の本心を伝え合うシーンみたいに
ここぞという瞬間ではゆっくりしたテンポで表情を見せたりもする。
飛ばすところと立ち止まるところの緩急のバランスは芸術的なほどで。
セリフで畳みかける部分も含めてセンスの良さが光ってるね。
アニメ作品としてのクオリティは半端じゃなく高いと思われます。

どーでもいい話だけどこの作品のヒロインもハルヒだったり。
今シーズンはハルヒ祭りってことですね?<意味わからないから

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事への反論は非公開を指定しても公開します
公開して欲しくなければメールで送って下さい

※コメント・トラックバックについてのおことわり

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://navido.blog12.fc2.com/tb.php/536-b01cb426

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。