まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マップス 1巻

1994年頃にリリースされた30分×4本のOVA。DVDレンタル(2話ずつ収録)
原作はファンタジー誌(ノーラ)のマンガで1巻だけ読んだことあります。
現在の日本とよく似た世界で主人公の少年は女友達?とデートをしていた。
そこに突然上空から巨大な女神型の物体が出現し戒厳令が発令された。
この物体は実は宇宙船で、(なぜかは知らないけど)少年の中に眠ってる
何かを示した(宇宙の)地図を求めてこの星にやってきたらしい。
そして少年は(理由はよくわからんけど)この宇宙船で旅に出ることに。
置いていくつもりだった女友達も結局ついてくることに。

冒頭のリアルっぽい世界観にいきなり割って入る非現実が何というか。
つーか1話はわりと現実的に構築された空間描写なのに、
そこで繰り広げられる物語がおよそ説得力の欠片もなかったりして。
東京の一部が蒸発するような異常事態が起きたのに、主人公たちが
翌日に普通の授業をしてるのに激しく違和感を感じてしまったよ。
(生徒手帳には大地震の時は休校・自宅待機って書いてあった)
まぁ、昔はこーいう説得力のまるでないSFが結構あったのでした。

これ宇宙船の制御コンピューターが人型のアンドロイドになってて
宇宙船とリンクしてるようです。よーするに端末ってことなのか?
で、宇宙船が攻撃を受けると人型(女性型)は体から血を流すのです。
なんか作った人はすげぇ悪趣味(サド)とか思ってしまったよ。
だってわざわざ機械に痛みを感じさせる必要はないわけで、
さらに船体の損傷を人型にフィードバックする必要だってないし。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事への反論は非公開を指定しても公開します
公開して欲しくなければメールで送って下さい

※コメント・トラックバックについてのおことわり

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://navido.blog12.fc2.com/tb.php/5-1c3836a8

「マップス」西澤晋

これはOVAです。昔はこんなものを小さな映画館で公開して「映画」と称したものです。ということで、僕は新宿の映画館で見ました。なかなか面白くて、長谷川裕一の原作を買い始め、結局最後まで買い切ってしまいました。この原作、彼にしては珍しく、打ち切られることはあ
2006/01/11(水) 22:33:31 phD_ninoのうだうだブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。