まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おねがいティーチャー 1巻

WOWOWでやってた作品です。
おねがいツインズと同じ舞台の作品でこっちが1作目です。
同じキャラも出てきます。と言っても話は繋がってないけど。
いろいろ停滞してた主人公がある日湖で宇宙人?を見てしまう。
その翌日に偶然にも主人公のクラスに臨時の新任教師(女)がやって来る。
さらにその先生は主人公の家の隣に引っ越してきたのだった。
彼が引越しの手伝いをしていたら「ずっと気になってた」というセリフが。
なんかいいムード!?かと思いきや彼女は実が例の宇宙人だった。

おねツイの時に感じた違和感みたいなのの原因がわかったよ。
なんかラブストーリーとしてのシチエーションが古くさいんだ。
それなのに半端にセリフが現代風なので違和感を感じるよーで。
いっそ何から何まで古ければそれはそれで釣り合いが取れるのに。
これってこの脚本の人(黒田洋介さん)の芸風なんだろうな。
現実でない話ならあまり気にならないけど、なまじ現実を書くから
時代感覚のズレみたいのが露骨に見えてしまう、というか。

よーするに微妙です

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事への反論は非公開を指定しても公開します
公開して欲しくなければメールで送って下さい

※コメント・トラックバックについてのおことわり

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://navido.blog12.fc2.com/tb.php/332-8215e5a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。