まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美鳥の日々 5~13話

物語をどー終わらせるのか気になってたので見てみました。
というか最後は元に戻るのだろうとは予想してたけど。
ハッキリとした解釈はなされないけど生霊みたいなもんだろうし。
当人が戻りたいと願えば元に戻る可能性は高いと思ってたから。
(つまり美鳥がそばに行きたいと願ったからああなったわけで)

長さが1クールで3ヶ月だけど物語の時間展開はもっと短い感じ。
最後の方で美鳥の日記を読み返すシーンが出るけど2ヶ月ぐらい?
てゆーか異常な状態をそんなに長く続けられないわけで。
だいたいこのぐらいが妥当な長さだったのかな、って思ったり。

原作も最近完結したみたいだけど内容的に倍ぐらいあるのかな。
読んだ1巻分を見た限りは筋はそのまま細部を膨らませてる感じ。
高見沢のアレとか綾瀬のアレとかも原作そのままとは思えんし。
なのでバッサリとエピソードを削ったんだろうね。
でも結果的にゆるい回のない中身の充実した13話になった感じです。
まぁオリジナルを入れて2クールやっても良かったとは思うけど。

特に印象的なエピソードと言うと綾瀬が猛アタックする回。
~作戦と銘打った綾瀬の妄想(予定)がひとしきり流れた後に
実際は思ったように行かない展開の繰り返しというお約束で。
気持ちをストレートに伝えられなくて回りくどい方法をとる綾瀬と
それに気づいた美鳥が阻止しようと頑張るとこがカワイイっつーか。
ちなみに正治はまるで気付いてません。普通はだいたいそーだよ。

あとはやっぱ最終回かな。
美鳥は元に戻った時に右手だった時のことを忘れてしまう
だから自分が正治に自分の思いを告げたことを知らない。
右手だった頃の美鳥は自分の気持ちをストレートに表現してたけど
実際の美鳥は何度も告白しようとしながらできなかったから。
だけど右手から消えた美鳥の様子を見に来た正治の姿を見て
今度こそ自分の気持ちを伝えようと追いかけるのです。
そして……結果はこの展開からみんなが想像する通りですが。

よく少女マンガとかで自分が告白すると実は相手も好きだった
みたいな「そんな出来すぎた展開あるかい」なシーンがあるけど、
この作品はそこに至る展開を用意した上でそれやってたり。
ちょっと感心したよ。

ちなみにこれDVDレンタルやってます(全4巻)。
セルDVD(全3巻、ディスク4枚)とディスク構成がまるで違うので
一部だけ買って残りをレンタルする場合は注意が必要です。
(レンタルは2-4-4-3、セルは5-4-4になってます)
にしてもキングを真似てトータル巻数を減らしたのはいいけど
話単価が高いままなのでパッケージが凄く高く感じるよ。
(話単価は2500円ぐらい)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事への反論は非公開を指定しても公開します
公開して欲しくなければメールで送って下さい

※コメント・トラックバックについてのおことわり

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://navido.blog12.fc2.com/tb.php/291-7dae0e49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。