まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WOLF'S RAIN 2~3巻

録画したのは消しちゃったので続きは(DVD)レンタルです。
(1巻あたり3話ずつ収録されてます)
前に4話まで見た時の印象はクオリティは高いし興味深いけど、
動きがなさすぎて続きを見るべきか判断に困るって感じだった。
でも日に日に続きが見たい気持ちが膨らんできたのでした。

そんなわけで1年以上ぶりに続きを見てみました。
5話に入って物語の流れみたいなものが見えてきます。
と言うか4話までは物語の導入部だったと言うか。

5~6話の4人が楽園を目指す旅の途中で訪れる街の話。
ここには人の姿をした狼の群れがいた。
彼らは過去に楽園を目指したけど夢破れたモノたち。
そして予想もしない方法でこの街で生活をしていた。
食べ物がないこの街では、そうするしか無かったから。

7話で花の娘チェザが再登場。4人と一緒に行動するようになる。
この再会の舞台になるのが険しい山の上にある貴族の空中庭園。
ここはその昔緑に包まれた美しい場所だったのだそうな。
そして、この空中庭園はチェザが生まれた場所でもあった。
でも今は放棄されただ荒れ果てるばかりの場所だった。

チェザといえば喋りかたに特徴があったり。
なんと自分のことを「コレ」とか言うんですよ。
世の中にはいろんな一人称の表現があるけど
コレとか言うのは今まで聞いたことなかったすね。
まぁ、チェザって人型してるけど「花」らしいので。

そんな感じで話が少しずつ見えてきます。
今まで聞いたただの名詞が意味のある記号になってきます。
ビジュアル的にも見せるシーンが増えてきます。
特に空中庭園という設定はそれ自体が美術画のようだ

なんか面白くなってきたって感じ。
このまま続きを見ていくとしよう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事への反論は非公開を指定しても公開します
公開して欲しくなければメールで送って下さい

※コメント・トラックバックについてのおことわり

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://navido.blog12.fc2.com/tb.php/278-6d1cfe9e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。