まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セラフィムコール 1~2巻

1999年にテレビ東京系で深夜に放送してたテレビシリーズ。
なんと1話×12巻という大胆な商品構成になってます。
オープニングの最後に2010年11少女物語って文字が入るけど
よーするにちょっとSFちっくな近未来を舞台にして
11人の少女の物語を一人ずつ描いたオムニバスストーリー。
ストーリーが異彩を放ってるけどジャンルは美少女モノです。

これ当時ちらっと見たことが有ったよ。
ホントに少しだけなので内容は全く分からなかったけど。
当時は1話読みきりオムニバスということを知らなかったので
何か変わったことをやってる作品って印象だけが残ってました。
で、改めてみた印象は……やっぱり「なんか変な作品」っすね(笑)。

男性恐怖症で男性と面と向かうと失神してしまう少女の手に
この(爆弾を仕掛けられた)都市の命運が握られるって凄い設定だよ。
で、気合を入れてバイクで突入して……の部分はいかにも夢だし。
バイクで両手離してる時点で変だし、男性と対面すると失神する人が
いきなりそれを克服できるなら、最初からそーならないわけで。
でも目を覚まして実際に出かけた時の方がもっと現実離れしてた(爆)

2話のぬいぐるみに視点を固定するのも凄いコトやってるなと。
ぬいぐるみなのでずっと視界が固定かと思ってたら
ぬいぐるみを持ち上げて動かすってやり方があったのですな。
ちなみにずっとぬいぐるみ視点だった理由は最後に出てきます。
確かにプライベートを覗き見してる感じはありました(笑)。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事への反論は非公開を指定しても公開します
公開して欲しくなければメールで送って下さい

※コメント・トラックバックについてのおことわり

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://navido.blog12.fc2.com/tb.php/256-b923f60b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。