まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レベルE 1~5話

1月からテレビ東京系他(4局)とAT-Xで深夜に放送してる新番組。
バンダイチャンネル・GyaO!・あにてれで最新話無料配信中。
原作は少年誌(ジャンプ)のマンガで読んだことは有りません。
※セルBD/DVD・レンタルDVDは3/25からリリース
現実に酷似した世界、現在に酷似した時代、だけど現実とは違う世界。
この世界の地球には現在数百種類の宇宙人が行き交い生活をしていた。
友好的・好戦的な幾多の種族が奇妙なバランスの中で混在していた。
ただ、地球人だけは宇宙人が傍らに存在することを全く知らなかった。
そんなある日、筒井雪隆は野球推薦で山形の如月高校へとやってきた。
町での奇妙な視線をやり過ごし念願の一人暮らしの新居へ到着した。
しかしそこには記憶喪失の宇宙人を自称する青年の先客が居たのだ。
雪隆は最初、青年の語る荒唐無稽な話をまるで信用しなかったのだが、
この後「まさかホントに?」と思うような事態を体験することになる。

宇宙人を自称する人を喰ったキャラが登場してギャグっぽく見せてるけど
緊張感は有るし本質はシリアスっぽい内容なのかな、と最初は思いました。
シリアス要素とギャグ要素がいい感じに噛み合ってて楽しかったのです。
1クールかけて一つの結末に向けて盛り上がるのかと期待をしたのです。
しかし1話から始まったエピソードは3話の終わりに意外な結末を迎える。
正直そのオチはどうかと思うような結末を……
記憶喪失の宇宙人なのに地球の生活に詳しすぎなのが変とは思ったけど、
そんなオチで話をまとめられると見返す時にまるで楽しめないじゃん。

4話では絵のテイストまで様変わりした別のエピソードをやってました。
シリアスでホラーっぽい展開で、でも少し悲しい結末で結構面白かった。
最後に全てを台無しにするオチさえなければ……
この作品はそこまでの内容を台無しにするオチをつけるのが仕様なのか?

5話からのエピソードではもはやシリアスに見せることを諦めてました。
ちょっとだけシリアス(ホラー)っぽく見せようとしてたみたいだけど、
ここまで見てた人ならまたオチで引っくり返すのは予想がつくわけで。
早々にシリアスっぽく見せるのは放棄してお馬鹿な路線で突っ走ってた。
最初からこのバカ路線だったら無駄な期待はしなかったんだけどね。
なまじ最初に好みっぽいと思ってしまったのでガッカリ感が半端ない。
それでもそれなりに楽しめるのは作者の力量なのかなとは思ったけど。

コメント

原作既読者の主観意見

主観を承知で言わせてもらえばレベルEはその
「ラストの大どんでん返し」こそが魅力なんですよ。
それまで伏線を緻密に組み上げておいて
ラストで全て計算ずくで破壊する点においてエンタメのお手本のような
作品だからこそ傑作と評価されてるわけで。
1~3話などその典型です。私は原作を全巻所持していますが、
未だに読み返すと細かい所に色んな発見があってとても面白いです。
4話の〆もあのままだとそこらの三流SFラノベによくある陳腐な悲劇オチ
に過ぎなかった話を王子の創作にする事で良質のコメディーに昇華
させたからこそ原作でもあの話は人気あるんです。
さらにあのオチが凄いのは作中で王子に「この宇宙人は実在する」
と言わせてる点です。あの発言により劇中劇のあの宇宙人が実在していて
あの劇中の悲劇も実際に過去にあった事実の可能性が出てきて、
実は喜劇オチではなく本当の意味での悲劇オチとも読めるんです。
もちろんそれは王子の言葉を信じた場合です。王子はあの性格ですから
狂言の可能性も充分にあります。つまり王子の言葉を信じるなら悲劇、
信じないなら喜劇というどちらにも解釈可能な二重エンドと取れるんです。

とはいえ解釈は個人の自由ですから私のこの意見を押し付ける気は
ありません。悲劇じゃなきゃ認めないという考えもそれはそれでありだと
思います。そういう人にはああいう大逆転は気に入らないでしょう。
ただ、気に入らないにせよ何にせよ上のような読み方も出来るという
事を踏まえたうえで批判してほしいかなと個人的には思います。
ただ単に自分の好みに合わないから=駄作と決め付けるのは
勿体無い気がするので。個人の嗜好と作品の質を混同してほしくないです。
以上です。長文失礼致しました。
2011/03/08(火) 18:09:06 | URL | aaa [編集]

駄作だとか悲劇がいいとは一言も書いてないと思いますが……
(私はどっちかと言うとハッピーエンドが好きです)
好みかと思ったら全然違う方向性の作品だったと言ってるだけで。

どんでん返しも予想外な展開もどっちかと言うと歓迎なんだけど
見返そうという気が失せるような落とし方は趣味じゃないのです。

しょせん評価なんて主観を理論で塗り固めたものなので
内容や方向性や手法が好きか嫌いかしかないわけです。
そしてこの作品は好みかと思ったら趣味じゃなかっただけ。
2011/03/08(火) 22:15:28 | URL | NAVI [編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事への反論は非公開を指定しても公開します
公開して欲しくなければメールで送って下さい

※コメント・トラックバックについてのおことわり

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://navido.blog12.fc2.com/tb.php/1375-267eed27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。