まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S・A スペシャル・エー 1~5話

4月から一部の民放(5局)で深夜に放送してる新番組。
AT-Xでも放送してるので地上波で見れない人はそちらで。
原作は少女誌(花とゆめ)のマンガで1巻だけ読んだことがあります。
※セル・レンタルDVDのリリースは8/6から
お金持ちのエリートたちが通う私立白選館学園高校。
この学校ではAからFまで成績順にクラス分けが行われていて、
中でもAクラスはたったの7人だけしか入ることができない羨望の的。
さらに1年から3年のAクラスの中で最も優秀なAクラスはS・Aと呼ばれ、
特別仕様の制服を着て優雅な校舎で過ごすことができるのである。

主人公の華園光はプロレス好きの父親の影響で雄々しく育っていた。
小さい頃はプロレスでは誰にも負けないと思っていた。
しかし6歳の時に滝島彗と対戦してこてんぱんに負けたのであった。
それ以来、彗をライバル視して何度も挑戦しては返り討ちにあっていた。
そして現在、二人の関係は私立白選館学園高校S・Aの1位と2位である。
努力の末に上り詰めた光の上には彗が涼しい顔で君臨してたのだ。

なんかとっても少女マンガっぽい!とかアホな感想を抱きました(汗)。
だってキャラが(異常に)細いし(異常に)手足が長いし。
美形だらけだし、現実離れした設定だし、キャピキャピしてる(?)し。
主人公が男前なのや相手役が美形で嫌味ったらしいのもわりとお約束だし。
表現がポップなのも含めていかにも少女マンガのアニメって感じですよ。

ホスト部と同じあたりを狙ってるのは設定を見てれば想像はつきます。
そのホスト部と比べると面白さにずいぶんと差が有りますが……
見比べてみたけどどこが原因なのかハッキリとはわからなかった。
明らかに見た目が違って表現の洗練度も違ったけどそれだけなのか?
(ちょっとやり過ぎというかバランス感覚に欠ける部分もあるね)
内容の無さに関してはホスト部だって大差なかったし(爆)。
大した内容は無いのに表現技法やノリでとても面白く感じただけだから。
そーいう意味ではこの作品はメッキが無いので輝いて見えないのかも。
そこそこ見れる作品ではあるけど、見てて何か物足りないのでした。
てゆーか見比べたホスト部の続きを見たくなりました(笑)。

エピソードはほぼ読みきりで毎回同じパターンです。
ちょとしたこと(光の鈍感や彗の厭味)で光と彗の関係が拗れるのです。
だけど最後は誤解も晴れて仲良く終わるという展開をやります。毎回。
現状では彗には好意はあるが、光は好感を持ってるレベルだろうか。
さらに光は超鈍感で彗の好意にはさっぱり気づかないオマケつき。
そんな状況で素直に好きと言えるほど彗も素直な性格をしてないから。
(ようするにツンデレです)
おかげさまで毎回のように何たらの喧嘩は犬も食わねぇぜ状態に……
S・Aの他のキャラがあまり立ってないのもそう感じる理由ですが。

ちなみに後で原作と見比べてみたけど原作も大差ないです。
むしろ1巻のエピソードに関しては原作よりアニメの方が多少マシだった。
てゆーか原作1巻のレベルはぶっちゃけ上手いとは言いがたいぞ(爆)。
なのでアニメ化で劣化したわけではないよと言っておきます。

最後に一言。
やっぱ後藤邑子さんは音程の外れた歌を歌わないと面白くな(以下略)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事への反論は非公開を指定しても公開します
公開して欲しくなければメールで送って下さい

※コメント・トラックバックについてのおことわり

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://navido.blog12.fc2.com/tb.php/1076-f3dc0766

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。