まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリズム・アーク 1~4話

10月から一部の民放(6局)で深夜に放送してる新番組。
AT-Xでも放送してるので地上波で見れない人はそちらで。
原作は18禁のSRPG+アドベンチャー(だそうな)でやったことはありません。
※セル・レンタルDVDのリリースは12/21から
いわゆる剣と魔法で中世っぽいけど多少違うゲームファンタジーな世界。
古より幾度となく繰り返されてきた戦乱の合間のひとときの平和な時代。
強大なサブルム帝国は着実に戦力を蓄え来るべき侵攻の日に備えていた。
そんなサブルムの脅威に対抗するべくヴィントラントはある試みを行った。
それはローゼンベルグ騎士養成学校を設立し優秀な戦士たちを育てること。
幅広く人材を集めるため前王の忘れ形見の姫のプリーシアまで担ぎ出して。
人寄せパンダ役は意に染まないけど仕方ないと引き受けたプリーシア。
彼女はこの学校でハヤウェイという少年と運命!?の出会いをした。
※2話以降の内容です

1話はわりとシリアスな剣と魔法のファンタジーっぽい作品でした。
もうすぐ最終決戦?みたいな雰囲気の中で敵と激しくバトルしてたし。
そんなバトルシーンに昔の二人の馴れ初めみたいな映像が挿入されてて。
バトルシーンと回想シーンのテイストが違いすぎでは?と思ったりもした。
(後から考えるとこの時の印象は極めて正鵠を射てたのです)
ゲームファンタジーな世界観なら一応筋は通ってるのかなとも思ったけど。
そして1話の最後は「オレたちの戦いはまだ始まったばかりだ!」で終わる。
よーするに打ち切りっぽい最終回みたいな体裁ですよ。
それはもうテレビの前で激しく置いてきぼり感を味わった30分でした。

1話の内容で、これはもうダメかもわからんね、とか思いつつ見た2話は
1話とは全く違うテイストでした。内容も続きではなくずっと前の話だし。
どーやら2話以降は時間を戻して騎士学校の時代を描くみたいだなと。
そしてシリーズの最後には1話の戦いへ繋がるような構成になってる!?
この2話はお色気増量でギャグも大幅増量したいわゆる美少女アニメに。
1話とは印象ががらりと変わって結構楽しく視聴できた30分でした。
これなら1話は無かったことにして2話から放送したほうが良かったかも。
まだこの作品の真の姿(笑)を知らなかった私はそんなことを思ったのです。

続く3話。なんかすんごく極端なパースを使いまくりです。
映像も凝ってるというより変としかいいようのない暴走っぷりだし。
なんじゃこれ?と唖然としながら見てたら突然タライが降ってきた……
そのへんで気づいたよ。ああ、これ新房アニメのパロディやってるんだと。
気づいてみれば変なレイアウトの数々は全てどこかで見たような構図だし。
(新房アニメだけではなくナベシン他の暴走アニメも混じってるけど)
ハヤテでもやってたけど今や新房アニメがパロ対象になる時代なのだなと。
ただオリジナルに比べると画面がうるさいので内容に集中できなかった。
(新房さんはどんなに映像が暴走してても決して理解を阻害しない)
まぁ、3話は新房アニメっぽさが表現できればそれでOKだったのでしょう。
この作品はストーリーなんて有って無いようなもんだし。

スタッフリストを見てたら3話の演出・作監になんと斉藤良成さんの名前が。
あるジャンルでよく知られてる(かもしれない)極端なパースを好んで使う人。
つまり3話のレンズが歪んでるようなカットは全てこの人のせいです(笑)
斉藤良成さんは主に「なのは」や「いぬかみっ!」をやってた人っすね。
「いぬかみっ!」のあの伝説!?の2話がまさにこの人の所業ですよ。
あと、3話の原画には友岡新平さんまでいるね。
※「いぬかみっ!」のキャラデザインの人

「なのは」と言えば1作目は新房さんだったわけで。
「なのは」のスタッフなら新房さんに近い人たちと言えないこともない。
(斉藤良成さんは月詠もやってるし)
つまりあえて新房さんに近い人たちに新房アニメのパロをやらせてたり。
ハヤテでパロをやったときも作画スタッフによく知る名前が並んでたし。
もしかすると全く経験のない人があの画面を真似るのは難しいとか?
経験者と言う意味なら4話の制作協力に入ってるスタジオパストラルの方が
月詠以降の新房アニメではお馴染みの人たちだけど。作監が実原登さんだし。
※「ネギま!?」の総作監の人

1話、2話、3話と全く違うテイストで来たので何となく理解しました。
この作品は1話ごとに違うジャンルで表現してるネタアニメなのだと。
新房アニメってジャンルだったのか?確かに別扱いしたくもなるけどさ。
よーするに1話のシリアスっぽいファンタジーもシャレでやってたっぽい。
バトルに挿入されてた回想シーンが変だったのもシャレでやってたからか!
2話以降の展開が回想シーンと繋がってないので、もしや捏造した回想とか?
ちなみに4話はコメディ基調の少女アニメ風。魔法少女っぽいのもいるし(笑)。

それにしても、とんでもなく奇をてらった作品っすね。
アニメバブルな現状で他の作品と差別化するのは重要だとは思うけど。
特に今期はエロゲー・ギャルゲーアニメをなんと6作も同時に放送してるし。
でも、ここまで実験的な構成にしてしまうと埋没するより結果が悪そうな
実験的な内容で結果が残せるのはlainクラスの凄い作品だけだと思うよ。
2話のノリでふつーに全編作ったほうが良かったのでは?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事への反論は非公開を指定しても公開します
公開して欲しくなければメールで送って下さい

※コメント・トラックバックについてのおことわり

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://navido.blog12.fc2.com/tb.php/1025-13138b8a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。