まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリア様がみてる OVA 3~5巻

これで3期シリーズも終わりです。
1巻からなんとなく思ってたけど今回はシリーズ全体のテーマが無い!?
1期は告白から初デートという恋人のプロセスの第一段階だったし、
2期は3年生の卒業と1年生の入学という出会いと別れが中心だった。
だけと3期は祥子さまと祐巳ちゃんの関係が多少進展したという側面と、
将来祐巳ちゃんの妹になるかもしれない人が出てきたという点ぐらい。
ただしどちらも現在進行形でハッキリした区切りは無かったりする。
あえて挙げるなら5巻のラストが妹選びのスタートラインって感じかも。
あとサブタイトルの「チャオ ソレッラ!」で最後〆るあたりは上手いかも。
※イタリア語の「ごきげんようお姉さま」みたいな言葉

祐巳ちゃんの妹選びの話がまだこれからということを考えると、
原作がある程度進んだ段階で次の4期シーズンも作るのでしょう。
ていうか今公式サイトを見たら4期シーズン制作決定とか書いてあった
このシーズンも順調に売れてるからいずれ作るのは想定内だったけど、
3期が出たばっかで4期決定っていくらなんでも気が早すぎのような。

祐巳ちゃんの妹候補が出現というからにはそれなりに貫禄がついてきた。
という感じはあくまで祐巳ちゃん視点のこの作品では感じにくいけど。
でも他人から見たらそれなりに憧れを抱かれる存在ではあるようで。
2巻の最後にちらっと出てきて3巻では大活躍!?してくれた可南子さんは
祐巳ちゃんに対して尋常でないレベルの憧れを抱いてたりしたわけだし。
彼女の口から出てきた賛辞はいったい誰を指してるんだ?って感じで(笑)。
よーするに祐巳ちゃんを勝手に偶像化して崇拝してたわけです。
そして現実が思い込みと違ったからと勝手に幻滅をするのでした。

耳の痒い賛辞を言ったその口で罵る言葉を吐いた可南子さんも大概だけど、
「私の祐巳を侮辱するのは許さないわ」と登場する祥子さまもいい性格だよ。
だって狙い済ましたように出てくるってことは隠れて様子を見てたわけだし。
みんなの憧憬の的の薔薇様ともあろう人が隠れて見てたなんて驚きっすね。
体面より祐巳ちゃんが大事という祥子さまの価値基準も見えるわけですが。
そこも含めて祥子さまの素敵なお姉さま以外の表情が今期はよく見れました。
二人の関係が多少進展したというのはつまりそーいうことです。

1期や2期でも祥子さまが祐巳ちゃんに気を許すシーンは結構あったけど、
まだまだどこまで見せていいか手探りって感じではあったなと。
たぶん2期の最後のエピソードが二人の関係の転機になったのでしょう。
今期はわりと祥子さまの歳相応の子供っぽい態度も散見されるように。
そして祥子さまは自分で自分の性格をかなり正しく認識してるので、
どこまで自分の本性を相手に見せていいかもよく考えてたわけです。
つまり祐巳ちゃんには全部見せても大丈夫だと判断したってことだね。
時々ムッとふくれてる祥子さまはなんだかとてもカワイイです(笑)。

祐巳ちゃんの妹候補の話に戻って。
3巻で登場した可南子さんの祐巳ちゃんへの異常な崇拝には唖然としたよ。
でもそこですんなり妹候補にならないあたりがこの作品の侮れないところ。
上にちらっと書いたけど勝手に崇拝して、勝手に幻滅して離れていきました。
そこで放置しないで仲直りしようとするのが祐巳ちゃんの人の良さだね。
頑なに拒絶する可南子さんにある勝負で私が勝ったら仲直りしようと提案して、
可南子さんが勝ったらデキることなら何でもしてあげるという展開に。
このあと可南子さんは生き生きと勝負に備えて練習を始めたのでした……

あれ?可南子さんは祐巳ちゃんに幻滅したんじゃないの?と思うかもだけど
人の頭の中はロジックのように単純明快にできてるわけじゃないので。
大好きだからこそ幻滅して顔も見たくないということもあるわけです。
そのへんライバル(らしき)の瞳子ちゃんはしっかり嗅ぎ取ってたようで。
「いったい彼女に何を言ったんです!」と祐巳ちゃんに詰め寄ってたり。
おそらく彼女がスールにしてくださいと言うのを警戒したのだろうなと。
実はこのへんで瞳子ちゃんの本心もさりげなく見えてきました。

瞳子ちゃんの初登場時は先輩を先輩とも思わぬ生意気な1年生って感じで。
だけどいつからか態度こそ違わないけど秘める想いは変わってきたようで。
素直になれない性格なのが災いして祐巳ちゃんにすっかり誤解されてたけど。
さすがに嫌ってると思われたのだけはイヤだったらしくきっぱり否定したよ。
それ以外のシーンでは本心と体面がせめぎあった微妙な態度をとってたり。
ダンスの輪で踊るシーンとか体育館の脇で詰めよるシーンとか。
可南子さんと犬猿の仲というのも含めてあぁそーいうことなのかと。
つまり瞳子ちゃんも祐巳ちゃんの妹候補ということで。

5巻の最後でお土産を可南子さんと瞳子ちゃんの二人に渡してたので、
可南子さんはともかく瞳子ちゃんにも親しみを感じてるみたいだね。
生意気に突っかかってくる下級生ってのも実は可愛かったりするし。
祐巳ちゃんも嫌われてると思ってたけど嫌ってはいなかったみたいだし。
今のところどっちに転ぶか全く予断を許さないですな。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

記事への反論は非公開を指定しても公開します
公開して欲しくなければメールで送って下さい

※コメント・トラックバックについてのおことわり

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://navido.blog12.fc2.com/tb.php/1009-18d32980

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。