まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

- 目次 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなめも 1~6話

7月からテレビ東京系(6局)で日曜日の深夜に放送してる新番組。
AT-Xでも放送してるので地上波で見れない人はそちらで。
原作は萌え4コマ誌(きららMAX)のマンガで雑誌で読んでます。
※セルDVDのリリースは10/8から(レンタルは10/30から)
祖母を亡くして中学生にして身寄りを無くしてしまった中町かな。
家を無くしたかなは住処と生活費のため風神新聞専売所へやってくる。
その専売所はよく言えば個性的な女の子ばかりが集う場所だった。
小学生なのに一番シビアで黒くて大人らしい所長代理の天野咲妃(さき)。
無邪気で元気で全ての料理を激甘にするパティシエ志望の北岡ゆめ。
一見すると沈着冷静だけどゆめが絡むと見境がなくなる南ゆうき。
お金が大好きで一人称は僕だけどこの中では一番普通っぽい東ひなた。
美人なお姉さんなのに女の子大好き妄想&セクハラ魔人の西田はるか。
かなは彼女たちに囲まれ振り回され教えられながら日々を過ごしていく。

女の子メインで日常の何気ない出来事を誇張して面白おかしく描く。
最近良くあるそんなスタイルの作品に新たなタイトルが加わりました。
てゆーかきららに掲載されてる作品ってほとんどそんなのばっか(笑)
題材が違うとかキャラが違うとかだけで外枠は似た作品ばかりです。
アニメ化されてるのは似通った作品の中で印象に残る作品なのです。
つまりある程度の水準には必ず達してると言うことになるわけです。
(ドージンワークだけは人気のわりに内容がアレだったけどな)

雑誌で原作を読んでる時はまぁまぁ面白いなぐらいに思ってたんですが、
(比較のため)コミックスを買って一気に読んだら思ってたより面白かった。
まとめて読んだ方がそれぞれのキャラがよく見えるからなのかもしれない。
はるかは強烈だからわかるけどひなたは細切れだとイマイチ印象が弱いし。
コメディのセンスも話の組み立てかたもまとめて見た方がよくわかるから。
コミックスで一気に読むと「けいおん!」よりも面白いんじゃないかな。
「けいおん!」は雑誌でもコミックスでも印象があまり変わらないから。
(キャラや内容がシンプルで細切れで読んでもわかりやすいから)
アニメだと見せ方や膨らませ方で「けいおん!」の方が面白いですが。
でもこっちも映像としても内容としてもなかなかいい線行ってると思う。
見ててきらら作品のアニメって結構恵まれてるんじゃないかと思った。
ドージンワークはアレだったけど(爆)。まぁ、アレは原作がアレだから。

女の子メインで日常の何気ない出来事を誇張して面白おかしく描く。
というスタイルの作品の中でこの作品が他より際立っている特徴は、
やっぱりキャラが濃い~ということに尽きるかなと。特にはるかが(爆)。
美人でスタイル抜群のお姉さんという見た目だけは文句無しなんだけど、
小さい女の子が大好きで、妄想が激しくて、セクハラしまくる残念な人。
百合なんてキレイな表現ではとてもいい表せないまさに変態な人です。
(「まりあ†ほりっく」のかなこよりももっと突き抜けてる)
他のキャラも一見すると普通に見えていても変な属性を持っているし。
しかも作者が女性でキャラに生身感が有るので余計にクセが際立ってる。
アニメではコメディ表現がパワーアップしたのでよりいっそう濃い~よ。
キャラがとても濃い~ので当然ながら印象もとても強くなってます。
ただこれだけキャラが濃い~とついて来れない人も結構いそうだなと。
アニメの出来のわりに人気がもうひとつなのはそのへんかもと。

アニメでは原作よりもコメディ表現がパワーアップしてますが、
原作からアニメで大きく変わってる部分はもう一つ有るのでした。
それは冒頭のお葬式のシーンを始めとしたシリアスな雰囲気の描写。
かなが日々過ごす中で嬉しかったり悲しかったりするシーンの描写が
原作よりもじっくりと情感たっぷりに描かれているのです。
コメディだけでなくシリアス要素も原作よりパワーアップしてるのです。
原作に比べてコメディとシリアスのコントラストが強くなってるのです。
原作の持っていたエッセンスを拡大コピーしたみたいになってるのです。
これだけかけ離れた要素が分離せずよく成り立ってるなと感心するよ。
まさしく原作者やアニメスタッフのバランス感覚の賜物なんだろうなと。

内容について。
アニメだけ見た時もかなりアレンジが入ってるのはわかりました。
少なくともミュージカル仕立てなんて原作にあるわけないからね。
どのぐらい違うか気になったのでコミックスを買って比較してみました。
ちなみにこれの原作が面白くないから今まで買わなかったわけではなく、
きららはこのレベルがゴロゴロしてるから全部買うとキリがないのです。
「けいおん!」もアニメ化されなければ2巻は買ってなかっただろうし。
(それでも7作品ぐらいコミックスを買い続けてる)

で、比較しててわかったのはかなりリミックスされてると言うこと。
原作の構成そのままで内容を追加して膨らませてるわけではなく、
エピソードを組み合わせたり切り貼りして1話毎にまとめてあるのです。
キレイにまとめるために内容を差し替えてる部分も少なからず有ります。
さらに原作にないオリジナル要素もかなり大量に追加されてるのでした。
キャラ描写や雰囲気は原作に忠実だけどネタはそのままではないのです。
アニメを見てて面白かったなら原作も読んで比べてみるといいかも。
エピソード順も原作そのままではないし飛ばしてる内容も有るので。

少し驚いたのがエンドフリップでいろんな人が絵を描いてるところ。
よーするに新房アニメで毎度やってるアレですよ。
真似ようと思えば出来るのに今まで誰も他の作品でやらなかったアレ。
新房アニメであそこまで徹底的にやられると真似にくいのだろうけど。
きららもスターチャイルドも新房アニメと現在進行形で関係があるから
どっちか(もしくは両方)の関係者がやりましょうとか言ったのかな?
場面転換で挿入されてるワイプのロボは実は原作者の自画像なので、
もしかしたらひだまりスケッチの体裁に似せてきたのだろうか。

せっかくコミックスを買ったので1話ごとに簡単に比較などを。
って書いてたらちっとも簡単じゃなくなってしまったけど。

1話「はじめての、ひとりぼっち…」
原作の1話・2話の前半・1巻の巻頭カラーを使ってます。
この回は構成が多少変えてある以外はかなり原作に近い内容です。
かなが専売所に入るプロセスは原作とアニメで違ってたりしますが。
みんなが配達してるシーンやかなが料理をするシーンは追加分です。
原作だとかなの部屋で宴会してるとこでゆめがご飯を出してくれます。
最初は甘くて美味しいと食べてたけど、オニギリがチョコ入りで(笑)
ちなみにアニメには出てきてないけどひなたは雑草料理をつくります。
お金大好きでケチだから(爆)。OPで雑草を摘んでるカットあるでしょ。

2話「はじめての、新聞配達」
原作の2話の後半・3話の後半・7話の後半・8話を使ってます。
この回は初めての新聞配達とその準備という主題で再構成してあります。
アニメと原作を見比べるとあまりに見事に再構成されてるから驚くよ。
再構成されてる関係で違いが山ほど有るので印象的だったのをいくつか。
まずUFOに攫われるネタが原作(の少なくともここ)にはありません。
原作だと朝3時の新聞を下ろすドスンという音で目覚めてしまうから。
自転車の練習から歩いて配達するまでに原作だと少し間があります。
役立たずだと思ってたけど出来る範囲で手伝わせて貰えたみたいな、
見てるこっちまで嬉しくなる構成は見事なリミックスだったのでした。
あとそれぞれのキャラの暴走っぷりも原作より凄いことになってます。
ゆうきがゆめを自分が危ないからと引っ張ってくとこがまさにそれ。

3話「はじめての、スマイル」
原作の3話の前半・13話を使ってます。
この回は代理とかなのスマイルネタにみかちゃん転校話を混ぜてあります。
原作は1コマのかなのヤバイ笑顔をここまで膨らませたのにはビックリだ。
つまりみかちゃんと一緒に拡張に出かけるあたりも当然オリジナルです。
いきなりアラン・スミシー(おいおい)を訪問するのももちろんオリ(以下略)
かなが笑顔の練習するとこも最後の光スマイルも全部アニメオリ(以下略)
居留守のお宅の前で火事だと叫ぶ部分は原作の内容をリミックスしたもの。
ちなみに原作だとみかちゃんの尊大な自己紹介の後に担任のツッコミが。
はい次はデレ期の久地院から一言」「そんな者はおらぬ!!」と(笑)
(原作のギャグの全てをアニメで使ってるわけではない)

4話「はじめての、プール」
原作の4話を使ってます。
この回は原作の1回分をそのまま怒涛のように膨らませてあります。
追加された内容は見れば一目瞭然のミュージカルをやってる部分です。
プールでしょとか働く少女は様になってるけどペロンペロンって(笑)
水着で配達するとこなんか原作は出かける部分しかなかったりする。
あと原作だとかなは見送る側でみかちゃんもまだ登場してません。
かなの初配達は7話でみかちゃんが登場するのも当然そこなので。
最後のオチも原作は休刊日に他の仕事もお休みにしてあげるでした。

5話「はじめての、みんなでお風呂」
原作の6話の前半・14話を使ってます。
原作だと1回しかない台風のエピソード(6話)を5~6話の2回に分割して、
照々法師の話(14話)とお風呂の話(たぶんオリジナル)を混ぜてあります。
記憶が間違ってなければこのお風呂エピソードは原作にはないはず。
お風呂に行くエピソードは原作にも有るけどこれとは全然違うので。
※2巻までには収録されてません
あと水着で雨の中に出たりどっちがネコ?なあたりも追加分です。
このネコの意味がわからない人は「タチ ネコ」で検索してみよう(爆)。

ちなみに原作のお風呂エピソードはいつも行く銭湯が改装でお休みで
新しく出来たスーパー銭湯に行こうということになる話です。
かながスーパーとお風呂がくっついてる?とか変な想像をしてたりする。
そして肝心のお風呂シーンが1コマだけ&湯気で何も見えないという(笑)。
ありえない!とはるかさんが発狂しておりました……

にしてもテレ東でよくこんな裸乱舞な内容を流そうと思ったよね。
おかげで後半のお風呂シーンは湯気とネコマスクが画面を飛び交います。
それどころか内容がカットされて足りなくなった時間に名場面集って。
本来の姿が見たい人はDVDでご覧下さいってことなのでしょう。

6話「はじめての、恐い話」
原作の6話の後半を使ってます。
この回は原作の半パート(3ページ)に怒涛のように内容を足してあります。
原作には停電になって怖い話をするのと最後の新聞が来ないしかないです。
トイレに行ったりみんなで2階に登って大騒ぎするのは無いってことです。
お風呂に行くのが追加分なので帰るシーンや友達と会うのも追加分です。
停電で代理が蝋燭を何本も点けてくれるのも原作とは違ったりします。
あと原作だとまだみかちゃん登場前なのでここにみかちゃんはいません。

7話と8話も予告を聞いた限りは結構オリジナル要素が入ってるみたいだね。
スポンサーサイト

東京マグニチュード8.0 1~6話

7月からフジテレビ系(9局)で木曜日の深夜に放送してる新番組。
※セル・レンタルDVDのリリースは10/28から
中学1年生の未来(みらい)は毎日気に入らないことばかりでイラついていた。
夏休みになったのに両親とも忙しいからとどこにも出かける予定はないし。
小学生のくせに物分りのよい子の弟の悠貴(ゆうき)の態度も気に入らない。
悠貴が見たがってたお台場のロボット展のつきそいまで押し付けられて。
お台場への電車の中から見えた橋は凄かったけど気持ちが晴れるには遠く。
(実は弟はどこにも行けない姉に橋を見せてあげたかったのでした)
目当てのロボット展の建物の中は人が多いし、アイスをぶつけられるし、
子供扱いされてムカツクし(それが気になるのが子供だからだけど)。
トイレへ行った悠貴を置いてさっさと建物の外へと出るのだった。
そしてケータイに向かって「こんな世界壊れちゃえ」と打ち込んだ。
ホントにそれを望んだわけではなく、ただ苛立ちを吐き出したくて。
しかし次の瞬間、未来が目にする世界は激しく揺れた。

冒頭の説明を読むとリアルなシミュレーションドラマかと思えるけど、
実際に中を見た限りはドラマ的に誇張された内容だなという感じです。
つまりハリウッドのサバイバルアクション映画みたいな感じというか。
そもそも地震に関していろんな取材を積み重ねてるはずなのに、
そーはならんだろう?と思える部分があまりに多いのはどーなのか。

例えばこの作品の中心になる東京湾北部を震源とした海溝型の巨大地震。
そんなところで海溝型の巨大地震が起きないのは調べればわかるのに……
海溝型の巨大地震が起こる場所で東京に一番近いのが相模湾ですよ。
※関東大震災の震源
東京に極めて近い場所で起きるなら阪神淡路大震災と同じ直下型です。
そして相模湾で起こる巨大地震よりも東京に極めて近い直下型のほうが
規模が小さくても被害は大きくなる可能性があります。
直下型は震源が浅いので震源に近い場所の揺れが極めて激しくなるから。
つまり東京湾北部を震源とする直下型地震ならそれっぽかったのです。

たぶん直下型だとせいぜいマグニチュード7.5で一回り小さく感じるから
海溝型の巨大地震ということにしたんだろうけど……
でもマグニチュードは地震の規模であって揺れの強さではないですよ。
阪神淡路大震災があれだけ被害が大きかったのは直下型で震源が浅くて
なおかつ神戸の都市部が震源の断層に極めて近かったからなわけで。
海溝型の巨大地震は震源が海の中なのでそこまで激しくは揺れません。
(かわりに津波が発生するのです)
関東大震災を元にした耐震設計を超える揺れだったって話を忘れたか?

どーせなら、東京23区の下を走る(未発見の)断層が動いた直下型地震で、
しかも直下型としては史上最大級の規模だった、なら筋が通ったのに。
まぁ、史上最大級ということは起きる確率は無いに等しいって意味で、
リアリティの無さでは現状とあまり大差なくなってしまいますが……
それでも理論的な整合性だけは今よりはるかにマシにはなるかと。

仮に東京直下の想定を超えた大地震だとしてもまだ変なとこが多いよ。
未来と悠貴の二人が被災したのがお台場の商業施設(?)なんだけど、
あそこの建物は全て最近建てられた最新の耐震基準の建物なわけで。
それが傾くほどのダメージを受けるのはちょっと考えにくいです。
ヒビが入ったり天井の板が落ちたりすることはあるかもしれないけど。
阪神淡路大震災ですら新しい建物ほど被害は少なかったんだから。
見た目のインパクトを狙うために派手にぶっ壊したってのもわかるけど。
ならフジテレビの建物もぶっ壊せよ。外見的には無傷って何の冗談?
リアルを謳う作品でこーゆーことをされると興ざめなんですけど。

未来たちが水上バスを待ってたところで高層ビルが崩れたのもそう。
あーゆー縦に長い建物はかなり厳重な耐震設計になってるはずで。
あの建物が崩れるぐらいなら周りの建物は全て崩れてるだろうよ。
しかも本震で崩れたならともかく余震でバキと折れるなんてうそ臭い。
余震は規模が一回り小さいんだから崩れるのは既に壊れてる建物だよ。
余震で東京タワーが倒れたのもだけどリアリティや説得力よりも
インパクト重視のドラマ的な味付けをしてるのが実によくわかります。
東京タワーの倒壊に巻き込まれたり橋が落ちて大きな波が襲ってきたり
大ピンチに見舞われるけど寸でのところで助かるのもいかにもだし。
ドラマ的な味付けをするなとは言わないけどこの作品はやりすぎです。
「よみがえる空」(アニメ)を見習って欲しかった……

キャラ描写について。
最初見たときは最近のアニメにしては珍しく地味な絵柄とか思ったけど、
どーやらリアルっぽいキャラを描くために敢えてこの絵にしたようで。
絵の華やかさに多少差があるけど「時をかける少女」と感じが似てるし。
キャラの仕草やリアクションもそのへんに近い極めてリアル系の描写で。
空間描写が緻密なリアル系なのも相まって凄くリアルな印象なのでした。
未来が身の回りの全てのことに苛立ってるのも実に年齢相応っぽいし。
少なくともキャラ描写に関しては誉められるデキだと思いました。
これで物語の組み立てがもっとリアル志向だったら良かったのにね……

実は見ててキャラに関しても多少の違和感がありました。
キャラをリアルに描写しようとしてるのはよくわかるのです。
でもキャラの配置や役割がちょっとわざとらしいのでした。
特に真理さんの存在がいかにも物語的過ぎなのですよ。
子供二人が家に帰るのに大人の手助けがあるのは凄く有りがたいのです。
でも自分のことで精一杯な状況で姉弟のためにひたすら尽くす人なんて
あまり都合の良すぎるキレイすぎる存在でまるで現実味がありません。
6話で自分の娘のことが心配になって狼狽して初めて生身を感じたよ……
あそこで娘ではなく姉弟を助けるのを選択するのはカッコよいけれど、
いかにも物語的な選択で皮膚感覚としては違和感ありまくりでした。

リアルにという意図で作るなら真理さんを出すべきではなかったような。
未来と悠貴の二人だけで家路に向かう大変さを描くべきだったと思う。
極限状態は人の本性が曝け出されるから嫌な人に遭遇することもあるし、
ただ偶然にすれ違った人が手助けしてくれることもあったりするだろう。
そんな感じで途中でいろんな人が手助けしてくれる方が良かったのでは?
その一人が真理さんだったならまだ説得力があったんだけどね……

よくわかる現代魔法 1~6話

7月からAT-XとBS11で深夜に放送してる新番組。
原作はライトノベル(スーパーダッシュ)でコミカライズを読みました。
※セルDVDのリリースは10/23から(レンタルは10/30から)
魔法を教えてくれる学校。手にした古ぼけたチラシにはそう書いてあった。
魔法なんて他愛ない夢物語。信じるに値しない。普通ならそう考えたはず。
でも森下こよみはその内容を信じたいと思った。自分を変えたかったから。
そして彼女は「姉原十字魔法学院」があるはずの場所の屋敷の扉を叩いた。
辿り付いた場所に確かに姉原十字魔法学院は有った。100年ぐらい前には
既に教える人がいない、という美鎖(みさ)の言葉にガッカリするこよみ。
気に毒に思った美鎖は我流で良いなら魔法を教えてあげると提案する。
これがこよみとPCでコード(呪文)を組み立てる現代魔法の出会いだった。

1話を見たときは迫力はあるし切実だし結構いいかもと思ったんだけど、
2話3話と続けて見ていたら最初考えたよりヘボいかも?と思うように。
そして既に読んでたコミカライズ版とずいぶん内容が違うようなと。
共通する部分ももちろん有るけど大筋からずいぶん違うようなと。
コミカライズ版には原作に沿ってる部分とオリジナル要素な部分がある、
と書いてあるのでどちらもどこまで原作に沿ってるのかわからないけど、
ぶっちゃけコミカライズ版のほうが出来が良かった(面白かった)りして。
アニメならではのアクションも1話は良かったのに3話は妙にヘボいし。
(剣のコードはシルエットの光のほうがカッコイイと思うんだ)
これ現代魔法のアニメとして期待されたレベルに達してるのかな?と。

一番最初の話である2話の内容に関して気になる部分がいくつか。
こよみが美鎖さんの元を尋ねる展開はアニメもマンガも同じだけど、
魔法を覚えたい理由も熱意も習うことになる経緯も大きく違ってる。
いくつもの部活に挑戦したものの上手くできず足手まといになって。
続ければ上達したかもしれないけどそこまでの熱意は持てなくて。
そうしていくつめかの部活を辞めいつものように道具を押入れにしまう。
自分の熱意のなさで道具にも部活の皆にも悪いことをしてると思いつつ。
そんなこよみが初めてどうしてもやりたいと思ったのが魔法なのでした。
というマンガ版では描かれてた理由づけがアニメには無いのだった……
数ページでさらっと描いて有るけどとっても印象的だったこの部分が。
ちなみにマンガだと魔法学校のチラシを発見したのがその押入れでした。
(アニメではチラシの出所は描かれていない)

2話には他にも気になる部分が何箇所かある。
まず美鎖がこよみに魔法を試させるとこでデーモンが召還されること。
デーモンという存在は3話にも出てくるから先に説明をしたんだろうけど、
全てのコードを強制的にたらいに変換するこよみの能力から考えると
ここではデーモンではなくたらいが出現するのが筋だと思うのですが。
(コミカライズ版だと最初の実験でも当然のようにたらいが出現する)
アイドルが襲われてるシーンに偶然こよみが居合わせたシーンで
暴漢に襲われたのを防御魔法みたいので跳ね飛ばすのも意味不明だし。
アイドルにかけられた魔法が消えて観客が帰ってくのもわかりにくい。
それなりに出来てた1話に比べてずいぶんと作りが雑だなと感じたよ。
そして3話ではアクションシーンの見た目までずいぶんとヘボく……

クリスマスショッパーのエピソードにも納得いかないとこがいくつか。
クリスマスショッパーの話は今回の6話中3話分(#1#5#6)を使う内容で、
1話読み切りの他の回よりも大掛かりだしとても盛り上がる内容です。
弓子が魔法使いを目指した切実な理由を描いたいい話でもあります。
アクションも他の回に比べれば断然マシでそこそこ見応えがあります。
小さな弓子とこよみが出会い交流し手助けする光景は結構素敵です。
でも、このエピソードには根本的な論理の破綻がいくつもあるのでした。
魔法を科学で再構築した作品だと「とある魔術の禁書目録」があるけど、
それとコンセプトだけでなくて論理の破綻っぷりまでそっくりだ……

どのへんの論理が破綻してるかというと、、、
こよみが見てる世界があくまで過去を再構成した映像ってところだね。
それが論理的におかしいって意味ではなく破綻の最大の原因ってこと。
過去を再現してるなら見るだけで干渉できないのが普通だと思うよ。
どんなに現実に見えてもどんな危機を目の前にしても何も変えられない。
その特性を利用して切ないストーリーに仕上げることも可能なわけで。

再構築した後は干渉が可能だとしてもそれは再構築した場の話なわけで。
よーするに干渉してるのは過去ではなく分岐した可能性に過ぎない。
こよみが何かして変わるのは再構築した世界で過去ではないのです。
美鎖がこよみに座って時間まで待ってるのがオススメと言ってるのは、
この世界で弓子を助けることは意味がないって意味でもあるのです。
意味がないうえに致命傷を受けたら本体にも重大な影響が出かねないし。
(精神が肉体に多大な影響を及ぼすのは論理的にも筋が通ってる)
それでも助けようとするこよみの行動も感情的に筋は通ってるわけで。
弓子を助けようと頑張るのは手に汗握るし感動的ではあります。

でも、ここで描かれたのはあくまで過去を再構築した世界での話。
現実の過去のこのシーンにはこよみは存在しなかったわけで。
最終的にこよみの能力によって解決したシーンにこよみはいない。
と言うかこよみの能力がなかったらここは切り抜けられないわけで。
弓子も美鎖もギバルテスに殺されちゃう未来しか浮かばないんだけど。
それに弓子とこよみと出会うことに意味があったふうに描いてるけど、
この設定だと弓子の側には出会いは存在しなかったわけで……
弓子がこよみと出合ったことで得たものも無かったことになるのです。
せっかく描いた内容が全て無意味になる物語構成ってどうなのかなと。
こよみが実際に過去に行って弓子に会ってれば筋は通ったのにね。
そうすると今度は弓子や美鎖との出会いのシーンを変える必要があるが。
(弓子との最初の出会いで弓子がこよみを知ってた方が面白かったよ)

ちなみにコミカライズ版を読んだのは描いてる人のファンだからです。
※理由がないとまずコミカライズ版は読みません
エロマンガ(18禁)を描いてた頃から話の組み立てが少し気に入っててね。
最近描いてたみょーな設定とストーリーの百合マンガも面白かったよ。
だからこの人の絵が動いてるのはちょっと感慨深かったりして。
あ、原作のイラスト=コミカライズ版を描いてる人です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。