まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

- 目次 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まりあ†ほりっく 1~5話

1月から一部の民放(6局)で深夜に放送してる新番組。
AT-Xでも放送してるので地上波で見れない人はそちらで。
原作はマニア系少年誌?(アライブ)のマンガで大ファンです。
※セル・レンタルDVDのリリースは3/25から
宮前かなこは両親が出会った天の妃女学院へと念願の編入を果たした。
かなこもここで両親のような生涯の伴侶を見つけたいと思ってたから。
と言っても目的は数少ない男性教諭ではなく女生徒達のほうだった。
そう、かなこさんは男の人が苦手で女の子が大好きというレズ娘だった。
これから美少女に囲まれて過ごすのだと思うと鼻息が荒くなるのだった。
妄想して道に迷ったかなこの前に祇堂鞠也という凄い美少女が現われた。
彼女は前理事長の孫にして中等部では生徒会長を務めていた才媛で、
この学園では年上のお姉さまにすら絶大な人気を誇っていたのである。
その彼女のキスを受けたかなこはいきなり本命に出会ったと浮かれた。
しかし彼女の幸せはそれから数時間後に終わりを告げるのである。
麗しの学園のアイドル改め女装のドS少年・祇堂鞠也の手によって。

始まりましたよ!待ちかねましたよ!凄い楽しみでしたよ!
だって大ファンの作品を大ファンの監督さんが映像化してるんだから!!
こんな奇跡みたいなこと生きてるうちにもう起きないんじゃないかな。
(確率的にはせいぜい30年とか50年に一度有るぐらいだし)
思わずテレビの前で正座して全裸で見てしまいましたよ!嘘ですが。

前に破天荒遊戯のところにも書いた気がするけど、
遠藤海成さんのあの言葉で畳み掛けるようなセンスが大好きなのです。
ボケにつっこみを入れるような、ボケにさらにボケを重ねてるような、
ひたすら話がずれて行くような、言葉のエンターテイメント、みたいな。
破天荒遊戯のアニメではそこがかなり端折られて不完全燃焼だったけど、
新房さんなら!新房さんなら!きっと完璧に再現してくれるはず!
むしろ今までの作品の出来からいって完璧以上に再現されるはず!
そう期待せずにいられなかったのです。

そして実物を見た感想は……素晴らしいほどに完璧でした。
それどころか原作のテイストを再現しながらえらくパワーアップしてる。
原作すらついて来れない人はお帰りください。このブタ野郎!状態なのに。
(原作コミックのAmazonの評価が両極端なのがいい例かも)
さらにパワーアップしちゃって感覚の合わない人は叩き出すような感じに。
まぁ、新房アニメはいつもそんな感じなので、いつも通りといえますが。
いつも通り原作のテイストを完璧に再現しながら新房アニメになってるし。
相変わらずの素晴らしい手腕にはぐうの音も出ません。
てゆーか大好きな遠藤海成テイストの内容を新房テイストで彩ると言う、
何この貴方のため(だけ)に作りましたみたいな作品は、って感じですよ!

ちなみにアニメの内容は原作の内容をかなり忠実に再現してます。
もちろん細部にアレンジは入ってるけどほとんど原作通りです。
映像表現はさすがに新房アニメらしく大胆に作り変えられてますが。
でも実はいつもの新房アニメな表現だと思ったのが原作由来だったりも。
例えば2話で隆顕さまがかなこに部屋を替えられた訳を聞きに来たところ。
かなこの部屋がKEEP OUTで塞がれてる絵って原作にもそのままあるので。
他にも新房テイストにアレンジされた原作通りの表現が結構有るし。
原作者とアニメスタッフの見事なコラボレーションになってるのです。
なるほど新房さんってこんな手法でアニメにするんだと感心しちゃったよ。
つまりアニメで変わったわけではなく原作からこんな内容なんです。これ。
ゴッドが猫耳だったり鞠也がメイド服を着たりも原作通りなんです。ええ。
(鞠也のナース服のシーンは尺の都合で放送ではカットされたらしい)

実は原作とかなり違ったアニメになってるかも、と考えたりもしました。
原作のエッセンスを使いながら内容を大胆に再構成してしまったりとか。
原作と一風変わったまり†ほりもそれはそれで見てみたいなと思ってた。
新房さんがやるならどんなアレンジでもきっと許容できるハズと思った。
だから原作をきっちり踏襲してきたのにはちょっと肩透かしだったなと。
表現はいつものように異彩で多彩で内容を知ってても楽しかったけどね。
原作を読んでて思ったけど元から新房アニメと方向性が近いような気が。
原作の遠藤海成さんと新房アニメのスタッフの感性が近いと言うか。
(遠藤海成さんはこのアニメの制作が楽しくてしょうがないようで)
どっちのセンスも大好きなあたりで有り得た話なわけですが。

そーいやこの作品がどんな作品か書いてなかったなと。
この作品は一言で言うと美少女萌えアニメの皮かぶった何か違うもの
男性向けに媚びた美少女作品を期待すると唖然とする可能性があります。
破天荒から原作者を追いかけてた人ならそんなの有り得ないとわかるけど、
いきなりこの作品から入った人は期待したものと違うと思ったりしそうだ。
カワイイ女の子ばかりの萌え萌え百合ワールドが展開してるとかね……
まぁ、かなこさんもそれを期待して天の妃に編入したわけですが(笑)。

主人公のかなこは女の子が好きなので女子校はある意味ハーレムです。
毎日どころか日に何度も女の子の可愛さに鼻血を吹き出してるし……
でもまわりのカワイイ女の子たちは誰一人かなこに惚れてくれません
まぁ、女の子に惚れる女の子がそんなにいようはずもないわけですが。
美味しい料理を前にしてひたすらお預けをくらってるような作品。かも。
(そもそもこの作品にはかなこさんの一方通行のラブしかありません)
それどころか女装のドS少年にひたすら足蹴にされる不憫な主人公です。
と言っても9割方はかなこの自業自得な気がしないでもないけど。
なにしろかなこさんの行動は同性愛を別にしてもかなり変態なので(爆)。
鞠也がかなこを歯止めしてなければどれだけ危ないことになってたやら。

実は女装でサドな少年との同居ネタって他にもあったりします。
主人公の女の子がボケをかまして相手の男子に弄られるのもあります。
どちらも少女マンガです。てゆーかかなり少女マンガな構図だね。これ。
さすがに女子校に生涯の伴侶を探して~な内容は少女誌では難しいけど。
それ以外の要素に関しては少女マンガの方が近いんじゃないだろうか。
作者が女性だから女キャラは(変だったりするけど)生っぽいし。
言葉のマシンガンっぷりやギャグの黒さとか新井理恵さんに近いし。
Amazonの女性向けという形容もそう間違ってはいないかもと思ったよ。
あくまで程度の問題で男がついていけないわけではないですが。
いつもの新房アニメより人気が低いのはそのへんの関係でしょう。
(それでも地べたを這いずってた破天荒よりは断然マシです)
ワタシク的にはいつもより楽しいぐらいなのに……

表現のこと。
表現はいつもの新房アニメ的な洗練かつ先鋭的な演出がてんこもりです。
原作は内容こそ尖がってるけど見た目はここまでシャープではないので
アニメの洗練された表現のおかげでより切れ味が鋭くなった気がします。
(実は破天荒遊戯の初期の方が絵は尖がってた)
原作の面白い表現もアニメの表現の中に違和感無く組み込まれてるし。
ずいぶん昔の少女マンガのような悪ノリした表現も随所で入ってる。
(原作はテヘッ程度でここまで突き抜けた表現はありません)
落ち着いたネイチャーカラーの配色に白い校舎のコントラストという、
相変わらずの他の作品とは一線を画す色彩センスにも惹きつけられます。
他の新房アニメと表現技法が似てるようで、でもどこか違ってるし。
ここまで特徴的な表現や配色を使いながら作品毎に変えてくるのも凄い。
この先のシーンがどんな表現になってるのかとっても楽しみです。

そして新房アニメといえばオープニングとエンディングの映像です。
今回ももちろん期待を裏切ることなく凄いものを出してきましたよ。
オープニングなんか単色レインボーカラーのマネキンをCGで並べたり
白い画面にレイボーカラーのバケツを並べたりするポップアートだし。
レタリング文字を画面に散りばめたりクレジットで入れてたりするし。
尾石さんたらすっかり表現技法の最果てにイッちゃってる感じだよ。
もはや今のアニメ業界で敵はいませんな。同じ新房組の中以外には。

エンディングは映像よりも曲にビックリです。
「君に、胸キュン。」ってYMOじゃねーか!元祖テクノポップの。
手元にオリジナル(YMO)版が有ったので思わず聞き返してしまったよ。
これ見てる視聴者の大半はRYDEENとか知らなかったりしそうだね……
※うる星のサントラがかなりYMOテイスト
ちなみにアニメのはボーカルが違うだけでなく曲もアレンジ版です。
さすがにオリジナル版のシンセの出音は今となっては古いから。
ボーカルエフェクトも当時は元声が判別不能なボーコーダしか無かったよ。
なので現代版の「君に、胸キュン。~Ver.2009~」みたいな感じです。

追伸。アニメの公式ブログがとても楽しいです。
スポンサーサイト

WHITE ALBUM 1~4話

1月から一部の民放(5局)で深夜に放送してる新番組。
AT-Xでも放送してるので地上波で見れない人はそちらで。
原作は18禁の恋愛シミュレーションでやったことはありません。
※セル・レンタルDVDのリリースは4/22から
夕凪大学の二年生の藤井冬弥はある日悪夢を見た。そして寝坊をした。
寝坊してバイトに間に合わなくなった冬弥は仕方なく大学へと向かった。
そこで冬弥は偶然にも彼女の森川由綺(ゆき)と出会うのだった。
彼女はまだ駆け出しとはいえアイドルなので逢えたのは久しぶりだった。
引っ越したばかりで部屋にまだ電話がないので会話も久しぶりだった。
久しぶりの二人の逢瀬だったのに交わした言葉は少しだけだった。
これからもっと逢えなくなるという先輩の忠告は他人事だと思ってた。
少しの時間がどれだけ大切かこの時の冬弥にはまだ分かっていなかった。

えーーと、何かみょーに古いっすね。
作品の時代設定が1986年ってことで舞台装置が古いのは当然だろうけど。
物語の文法や時代の感性というか感覚みたいのまでえらく古くさいので。
ある意味では作中の時間と時代の感性が釣り合ってると言えますが。
でもそれってまるで昔の作品でも見てるようなって意味なわけで……
わざわざ新作としてそんな昔のテイストの作品を見たいだろうか?

舞台装置が古いのは携帯電話が存在しないので実感できるかと。
そしてこれが物語の構成に重要な意味を持ってたりするわけです。
仕事(とか)で忙しい恋人たちのすれ違いを表現したいそうだから。
確かにその昔はこの手のすれ違いのシチュエーションは有ったよ。
でも今の時代にこの感覚ってリアルとして理解できるんだろうか?
今から23年も前だとメインの視聴層は生まれてすらいないんじゃない?
そもそも視聴者の現実の生活に近いから物語にリアルを感じるわけで、
こんな現実から離れた時代を切り取ってもリアルは感じないと思う。
(この時代感覚が理解できるのは30歳以上だと思われる)
かといってノスタルジーを感じるほど現実と違ってはいないわけで。
現実にとても似てるけどリアル感はない中途半端な古さというか。

古いなと思った部分は他にもあります。
例えば恋人がアイドルという設定もみょーに古い感じだなと。
確かに昔はよく使ってた設定だけど今ではまず見ない設定だし。
そもそもこの作品に出てくるようなアイドルがもはや過去のもので。
だからこの作品はわざわざ時代設定を1986年にしてあるわけですが。
つまりアイドルを出した時点で古くさくなるのは必然だったのかなと。

あともう一つ。これは内容ではなく表現だけど。
由綺が曲を貰って嬉し泣きをするシーンのところ。
前後の流れからいって由綺が嬉し泣きしてるのは推測できたのです。
でも画面の由綺はどう見ても嬉し泣きには見えなかったのでした。
確かに昔は悲しくて泣いてると誤解をうけそうな表現も使ったけど、
今となってはこの手法は陳腐というか、使わない気がするのですが。
中身はともかく表現技法まで先祖帰りする必要は無いだろうに。
ここも含めてこの作品は表情のつけ方がわりとステレオタイプなのです。
リアルな画面のわりに生っぽくないのは時代感覚だけじゃないのです。

表現についてもう一つ。古くさいという話ではなくて。
見てて凄く気になった表現が一つあるのです。それは文字のこと。
主人公の冬弥のモノローグみたいのが画面に文字で出るのです。
そんな表現スタイルもアリかと言えばアリかなとは思います。
でもこの作品での手法はお世辞にも上手いとはいえません
背景と文字のコントラストや文字サイズも含めて凄く見にくいので。
文字を入れるタイミングもなんかみょーに間が抜けてるし。
新房さんと愉快な仲間たちの手法を見習って欲しいなと思ったり。
てゆーかセブンアークスは以前に新房さんと関わりがあったはずで
そのへんの技術は継承されなかったのだろうか?
※セブンアークス=なのは・いぬかみ・セキレイ制作

作品全体の(古い以外の)印象としては
キャラ絵を含めて見た目をリアルっぽくしたのは評価できるかな。
原作とはかなり絵柄が違うので人によって評価が分かれそうだけど。
ワタクシ的にはカッチリしたアニメの絵柄の方が好みっすね。
見た目や舞台装置をリアルっぽく(23年前のリアルだけど)したせいで
いかにもギャルゲー的なキャラ配置に違和感が際立っているけど……
かといって内容に大幅に手を入れると別の作品になっちゃうし。
原作の内容を尊重するにはこのへんが落しどころかなとも思ったり。
(原作の内容に忠実かどうかは知りませんが)
表現技法の問題点は置いといて、まぁ頑張ってるとは思いました。
面白いかどうかは別として

ところで公式サイトのプロローグの電車内でイヤホン云々のくだり。
あの頃にはもう(カセットテープの)ウォークマンが有ったわけで……
当然ながらインナーイヤータイプのヘッドホンも普通に有ったよ。
※今はイヤホンと呼んでるタイプ
MDやシリコンプレーヤーからこの手の文化が出来たわけじゃないぞと。
1986年だとCDが普及し始めた頃だね。

黒塚 -KUROZUKA- 1~5話

10月からアニマックスとBS11で放送してた全12話の新番組。
原作は伝奇小説とそれのコミカライズ版で読んだことはありません。
※セル・レンタルDVDのリリースは2/25から
時は鎌倉。(異形の)追っ手から逃げて山中を駆ける二人の男がいた。
歴史の教科書に出てくるクロウ(源義経)とその従者での弁慶である。
手負いの二人は山中の一軒家に一晩の宿を求めて立ち寄るのだった。
二人の呼びかけに答えて家の奥から出てきたのは妖艶な美女だった。
黒蜜と名乗るその女は願いを快く聞き入れた。ただ一つ条件をつけて。
それは家の奥にある私の部屋は決して覗かないようにということだった。
しかしクロウは何かに引き寄せられるように黒蜜の部屋を覗いてしまう。
そこには死体の血をすする黒蜜の姿が有った……

見た目はいいね。
絵柄はシャープだし、動きにキレが有るし、描きこみも凄いし。
ソラリゼーションのような幻覚的な画面が挿入されるのも面白い。
画面いっぱい赤い花が覆い尽くすような目を惹きつける絵もある。
狂言の間みたいなテンポのメリハリもいい感じに効いている。
1話のホントは怖い日本昔話みたいな展開では雰囲気もよく出てた。
表面的な意味での映像作品の質はとても高いんじゃないかと思います。
そーいう意味では一見の価値は有るかなと。

見た目はとてもいいんだけどストーリーが……
良いとか悪いとか以前に入りにくいなと。
序盤は作中の時間が行ったり来たりするせいで凄くわかり難いので。
雰囲気重視で画面が暗いのもわかりにくさに拍車をかけてるし。
1話は日本昔話みたいな内容だからオカルト風日本昔話かと思ったのに。
いきなり江戸時代になったり、大戦中になったり、世紀末になったりと、
いったいこの作品は何をやろうとしてるんだ?と途方にくれたのですよ。
5話まで見ればさすがに物語の構図や方向性が見えてきますが。

物語が見えてくると、この作品はシンプルな構図なんだとわかります。
てゆーかこの作品、ハッタリばかりで大して内容が無い……
シンプルな内容をここまで入りにくく作ったことに逆の意味で感心した。
序盤は普通に時間が流れる構成で良かったんじゃないの?
あとここまで単純な構図ならもっと情緒面を追及して欲しかったなと。
現状だと見た目ばっかりという印象だから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。