まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

夏のあらし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のあらし! 7~13話

今さらだけど続きを見てみました。2期ではなく1期の続きです。
(2期についても↓に書いてあります)

最後まで見て思ったのは予想外に感動的でキレイに終わってるってこと。
アニメを見るよりもずっと前に原作の1巻を読んたことがあったけど
その時に想像した内容よりずいぶんと感動的な展開でビックリです。
アニメでは見せ方や内容の膨らませ方で原作よりもさらに感動的だし。
てゆーか今までに見た新房×シャフト作品で一番胸に響いてくるね。
(efはこれ以上に響いてくるけど新房さんが監督じゃないし)
同程度の内容の他の作品との表現力の違いを思い知らさせてくれるなと。

重苦しいシリアスとギャグが一つの作品の中で両立してるのも凄いよ。
原作からそうだけど方向性をより際立たせたアニメでも違和感ないし。
極端な要素が分離せず両立してるのはバランス感覚の賜物だろうなと。
私的には徹底的にシリアスな「夏のあらし!」も見てみたかったかも。
核心に近づく中盤から終盤の印象を考えるとそれもアリだったような。
序盤ってコメディ色が強いせいでキャラの野暮ったさが鼻につくから。
シリアスで徹底してればそのへんはあまり気にならなくなるわけだし。
実際、シリアス色が強くなる中盤以降に印象が良くなってくるから。

上でキレイに終わってるとか書いたけど、それって実は12話のことです。
本筋のストーリーは12話で終わってしまうのです。2話から始まって。
つまり最初の1話と最終の13話は本筋から逸脱したお遊び回なのでした。
そして5話と8話にもお遊びに突っ走った番外編が挿入されてるのでした。
5話を見たときはなんか話の進まないギャグ色の強い回だと思ったけど。
8話のまんま転校生(映画)な投げっぱなしで終わる内容で理解したよ。
重苦しい内容の本編ストーリーに軽いお遊び回をはさんであるんだと。
時間軸が違う1話はともかく5話は違和感がなかったから気付かなかった。
本筋のストーリーにも(原作から)コメディ要素が含まれてるから。

なぜ本筋の内容がたったの9話分しかないかと言うと。
原作を読めば一目瞭然ですが原作に沿って作るとそれしかないから。
アニメは最初から(分割)2クールと決まってて原作は6巻しかない。
原作は6巻しかないから1クール作品だと思ってたんだけどね……
2クールなら1期が3巻までで2期が4巻からと考えるのが妥当でしょう。
丁度いいことに3巻の最後のあたりで物語が一つの区切りを迎えるし。
その前後で原作の方向性もずいぶん変化するし。
でも3巻分では内容をアレンジして膨らませないと13話にならない。
読みきりの体裁ならオリジナル回を入れればすむから簡単だけど
ストーリー体裁だと下手に構成をいじって拒絶反応を生む可能性が。
だから追加する分を本筋に挿入せずに番外編として追加したわけです。
オリジナル展開が嫌なら飛ばして見てくださいと言わんばかりに。
私的には大幅に手を加えてでも13話のストーリーで見たかったかな。

番外編的な1話はオリジナルではなく原作3巻の最後に入ってました。
つまり1期の最終回である12話のすぐ後のエピソードってことです。
原作だとその前に区切りが入るので1期より2期の雰囲気に近いすね。
だから本筋から離れた番外編の扱いとして最初に挿入したようです。
そして最終の13話は1話のセルフパロ(やりすぎVer)だったりして。
最初と途中はやりすぎると本筋のイメージをぶち壊しかねないけど
12話で実質最終回を迎えたからもう何をやっても大丈夫って感じで。
喫茶店の中なのに水着やらコスプレやら服がどんどん変わっていくし、
意味もなくポーズを取ってるし屋根の風見鶏とかゆっくりだし……

13話に出てきたマスターのタイムリープ超理論も凄かった。
痛んでヤバイ状態の牛乳を賞味期限前の過去に持っていけば飲めるとか。
過去に持ってったって変わらないのはよく考えればわかりそうなのに。
9話の痛んだサバ同様にその発想は諦めたけど今回はさらに新たな展開が!
賞味期限前に持っていって大丈夫な牛乳と取り替えればいいんじゃんと。
それなら確かに大丈夫になるけど今度は別の問題が発生するのだった。
アホな発想から不確定性原理やタイムパラドックスが絡む大問題へと……
そのへんの詳しい話は自分の目で確かめてってことで。

本筋のストーリーについて。
7話以降で最も大きな変化は加奈子とやよゐの登場でしょうか。
(ずっと二人で「面白い本を~」の小芝居をやってたけど)
実はグラサンがあらしを探してたのがこの二人の差し金だったのです。
いつまでたっても状況が進展しないので自分から姿を現したのでした。
そして加奈子とやよゐのエピソードで物語は一つの区切りを迎えます。
あらしたちがこんな姿で今も存在し続けてる意味も明らかになります。
バラバラだった欠片がキレイに組み上がって一つの絵になるのです。

特にタイムリープで過去に飛んで人を救う仕掛けが面白かった。
人助けといえば聞こえはいいけどそれって過去を改変してるわけだし。
しかも予め助ける人が決まってるわけではなく行き当たりばったりで。
そんな安易な行為で歴史を改変してしまっていいのだろうかと。
助かった人のかわりに消えてしまった人だっているかもしれないし。
しかしこの過去を改変する行為には意外な答えが待っていたのでした。
行き当たりばったりのはずの行為こそが歴史の必然だったというか。
ここも詳しい話は自分の目で確かめてってことで。

潤の男装についても事情が明らかになりました。
最初に男装してたことにはあまり大した意味はなかったようで。
ある種の女らしさに対して嫌悪感を持ってるのは事実みたいだけど。
勝手に想像してたそれと男装との関係性についてはなかったようです。
女らしさを強調する格好はあまり好きではないのかもしれないけど。
原作を読んでで思ったけどキャラ設定と行動の関連性が弱いかなと。
全体のストーリー構成もだけど経験の少なさが透けて見える感じです。
(この作者がストーリーモノをやったのは今作が初めて)
じっくり魅せるとこでさらっと流すとかシリアスも描きなれてないし。
アニメではそのへんの見せ方を変えて胸に響くようになってますが。
潤の男装の必然性も含めて大胆に内容を再構成しても良かったような。

ギャグ要素について。
原作から本編ストーリーにもギャグ・コメディ要素は入ってますが
アニメでは番外編として追加された分も含めて結構増やしてあります。
その最たるものは毎回のようにやってる「面白い本を~」の小芝居かな。
(途中までは)加奈子とやよゐが面白い本を読んだという話をするのです。
必ずタイトルを忘れてしまい内容の説明をするという流れになってます。
その本の印象とかけ離れた雰囲気のある絵と明らかに誤解を誘う説明で。
最後に答えの替わりに(ちょっと危ない)作中の決り文句を言うのです。
説明からイメージした作品と正解との落差に唖然とさせられるのです。
途中で正解がわかったのって絶望先生しか無かったよ……

「面白い本を~」の小芝居はやよゐが登場したあたりから変わります。
やよゐが弱って喋れなくなったのでカヤとマスターと潤の掛け合いに。
このバージョンは途中で他の人が答えを言っちゃうのがポイントです。
さらにこの3人のバージョンは毎回少しずつ体裁が異なっていました。
これこそがギャグの基本のパターンの繰り返しとバリエーションすね。
繰り返しとバリエーションを踏襲してたギャグは他にもありました。
奇をてらってるように見えて実は基本をきっちりやってるわけです。
新房アニメはただ無制限に枠組を踏み外してるわけではないのです。
スポンサーサイト

夏のあらし! 春夏冬中 1~6話

10月からテレビ東京系(6局)で日曜日の深夜に放送してる新番組。
AT-Xでも放送してるので地上波で見れない人はそちらで。
原作はスクエニ系(ガンガンJOKER)のマンガで4巻まで読みました。
※セルDVDのリリースは12/23から(レンタルは1/29から)
タイトルの春夏冬中の読みは秋がないから「あきないちゅう」

1期の後半を見た勢いで続いて2期目を見てみました。
2期目と言うかよくある制作の都合による分割放送の2クール目です。
内容的にも「夏のあらし!」(1期)のそのまま続きです。
方向性は1期とはずいぶん違ってますが……
1期の重苦しいシリアス要素がほぼ抜けてコメディ色が強くなってるから。
絶望先生の1期と2期も分割放送のわりに体裁がずいぶん違ってたけど
この作品は同じキャラの出てくる別作品かと思えるほど違ってるのです。
分割放送の利点を生かしてあえて違った方向性で作ったんだろうなと。
そもそも1期分と2期分では原作自体の方向性もずいぶん違ってるから。
スタッフが同じだからみなみけの1期2期みたいな違和感はないけどね。

1期がしっかり物語を終わらせてたので後なにをやるのかなと思ってた。
あらしたちが過去に干渉した結果として現在が確定してるという意味で
他にいくらでもエピソードを描くことは可能だろうけど。
主要キャラの関係性を描くための仕掛けとしてはもう必要ないだろうし。
(さらに新たなキャラでも追加するなら別だけど)
何か新しいストーリーを始めないともはや描くものがないようなと。

で、実際に見てみたら……全体としてのストーリーは無かった(爆)。
ラブコメ的な人間関係の変化はゆるやかに進んでるような気はするけど。
1期で番外編的に挿入された1話読みきりコメディで全編が構成されてたよ。
実は原作も4巻から同様の構成になってるのでこれで原作どおりなのです。
原作だと4巻以降もアニメでは残ってない重苦しい要素が多少残ってますが。
アニメでは重苦しい要素は排除して徹底的にコメディ路線にしたようです。
骨格になるストーリーがほぼ無いので結構やりたい放題に突っ走ってるし。
エピソードの仕掛けにタイムリープを効果的に組み込んでるのも興味深い。
ノリノリで突っ走る美少女ラブコメ作品を期待するなら十分に楽しめます。
1期みたいな感動を期待してるとアレ?という気分になりますが。

1期で挿入されてた「面白い本を~」は応用バージョンがいろいろと。
3話の冒頭で「どんなお料理か聞かせてくださる?」をやってたり。
注文を聞きながら名前を忘れて説明から想像した料理を作るのです。
正解ではなく全く違う(食べ物ですらない)ものが出てくるのです(爆)。
4話でも同じパターンを。6話の冷やし中華では変形パターンをやってた。
もちろんどちらも食べ物じゃなかったよ……
4話以降は「面白い活動写真を~」バージョンを毎回Cパートでやってた。
6話にはそれとは別にあらしとカヤのお料理ネタ入り変形バージョンまで。

マスターの衣装コレクションやタイムリープ超理論もいろいろと。
タイムリープで10年前に戻ればピチピチになって昔の水着も大丈夫とか。
冷静に考えれば明らかにおかしいのに一瞬は正しそうに思えると言う。
このネタが出てくる回に対応する原作にはその内容は存在しないので
衣装コレクションや超理論は全てアニメオリジナル設定なのかな。

あとは1話ごとに簡単に。

1話「夏休み」(4話収録エピソード)
夏なんだから海に行こうという話になってみんなで水着を選ぶことに。
そんな浮かれる面々の中で女であることを隠す潤は途方にくれていた。
何とか対策を考えた潤だが事情を知らない一は次から次に困った行動を
2期に入ってシリアス要素がラブコメ的な方向に一気に傾いた感じです。
ちなみにこの回は原作を使ってはいるけど大幅にアレンジが入ってます。
水着を選ぶシーンなんか原作には普通の内容の2ページしかないから。

2話「ギャランドゥ」(恐らく5話収録エピソード)
海に行った流れで旅館に泊まることになったけど一と潤は相部屋だった。
それどころか一緒に風呂に入ろうと逃げる潤を追い掛け回すのだった。
夜みんなで肝試しをすることになり、そこであらしと潤はある話をする。
潤は大ピンチどころか一瞬は完全に裸になってるのにバレなかったり。
潤が自分から女だとばらしてもに一は信じないような気がしてきた(笑)。
続きエピソードの1話と2話にはタイムリープの仕掛けは出てきません。

3話「時をかける少女」(4話収録エピソード)
前半。二人分の負担は重いからとやよゐの通じる相手を探すことに。
お客を物色するけどいまいちやよゐに相応しい相手がみつからなくて。
後半。一があらしを気に入った理由をあらしは全く覚えがなくて
一を傷つけたくないあらしは出合った日に遡って確認しようとする。
この回は前・後半とも細部が多少違う以外は原作の内容に近いです。
マスターが山代を狙うのや一の科学理論のあたりが目立った違いかな。

4話「みずいろの雨」
潤の家に居候しているカヤのもとへあらしが遊びくることになってた日。
一も来ることを失念していた潤は大慌てで女である証拠を隠すのだった。
そんな潤の苦心を嘲笑うかのように一は同性のノリで家捜しを始めた
これって原作4巻の潤のお姉さんが初登場するエピソードが元ネタかな?
洗濯とかドイツ語の挨拶とか最後はいい雰囲気でまとめてたりとかだし。
潤のうっかり女装も含めて原型をとどめないほどに別物になってるけど。

5話「Romanticが止まらない」
一の眼鏡をかけた加奈子は突如光を放って美少女メイド戦士へと変身した
その姿をもう一度見たいという面々に加奈子は恥ずかしいからと拒絶する。
ならみんなで魔法少女のコスプレをすれば恥かしくないかもと妙な展開に。
一のサリーちゃんとかあらしのミンキーモモとかカヤのセラムンとか
元ネタが露骨にわかるコスプレをしてるのでこの回はオリジナルかなと。
ちなみに加奈子の眼鏡で様相が変わる設定は原作4巻までにはありません。

6話「ギザギザハートの子守唄」
夏は冷やし中華というマスターの思いつきから冷やし中華を作ることに。
差別化のためにあらしが昔食べた冷やし中華を再現しようと試みるのだが
あらしは肝心のレシピを知らないし冷やし中華を知らない人もいて大迷走。
「どんなお料理か聞かせてくださる?」のノリで1話作った感じですかね。
こんなアホみたいな内容でもちゃんとタイムリープの仕掛けを使ってたり。
あそこのアレはどーしたのか思ったら、そこに繋がっていたとは……

夏のあらし! 1~6話

4月からテレビ東京系(6局)で日曜日の深夜に放送してる新番組。
AT-Xでも放送してるので地上波で見れない人はそちらで。
原作はスクエニ系(ガンガンJOKER)のマンガで1巻だけ読んだことあります。
※セルDVDのリリースは6/24から(レンタルは7/31から)
夏休みのあいだ祖父の家に泊まるためこの街へとやってきた少年がいた。
初めての場所で道に迷った少年は夏の暑さに耐えかねある店の扉をあけた。
「方舟」というその喫茶店はレトロな内装で上質な雰囲気を漂わせていた。
少年は値段の高そうな雰囲気に臆して何も注文せずに立ち去ろうとした。
しかし声をかけてきた古風で和装の少女の姿を見て思い止まるのだった。
少年は少女の姿に見惚れたのだ。グッと来たのだ。恋の予感だと思った。
少女が少年の手を握って走り出した時は、これから恋が始まると思った
しかし少年の前には思い描いていたのとは少し?違う現実が待っていた。
少女は自分は60年前の人で、今は幽霊で、少年に取り憑いたのだと言った。
少年は少女の話がわからなかった。目の当りにしても信じられなかった。
そうして少年の不思議な夏は始まった。
※2話からの本編の導入あらすじ

あれ?イントロってこんな内容だっけ?というのが最初の感想かな。
確か最初は一(はじめ)とあらしが出会うエピソードだったようなと。
アニメを見た後に原作を確認してみたらまさにその通りだったよ。
つまり原作コミックだとアニメの2話の内容から始まるのです。
ちなみに1話の内容は時間軸がずっと後で本筋にも絡んでないような。
こんな前後に絡まない番外編な内容は原作の構成では考えにくいので
もしかしたらアニメオリジナルなのかも(原作の1巻にはこの話はない)。
少女が時を超える設定は「時かけ」のオマージュみたいなもんだから
あえて「時かけ」(アニメ版)のパロディなエピソードを入れたのかも。
※パロディというほど内容は似てません
ついでに主要キャラと基本的な設定を紹介したということなのかなと。

とりあえず単体として1話を見ればこれはこれで面白いとは思います。
でもボーイミーツガールで(たぶん)ひと夏のファタジーなこの作品で、
最初にわりとコメディタッチの番外編をやる必要はあったのかなと。
ここはセオリー通り出会いの話から始めれば良かったんじゃないかな。
その方がコメディが同程度でも不思議な印象が強くなったはずだから。
つまり1話だけ見てもこの作品の本質はまるでわからないのです。
1話だけ見て作品を判断するとこの作品の本来の実力を見誤ります。
(そもそも1話だけでちゃんと判断できる作品なんて滅多にないけど)
もしも1回分だけしか見ないなら1話ではなく2話を見るべきです。

作品の本来の実力という意味では2話だけ見てもまだまだって感じ。
今回はいつもの読みきりではなくストーリーだからというのもある。
それも有るけど回を経る毎に表現スタイルが内容に馴染んでくるので。
ぶっちゃけ最初の方はそこそこ面白いけどまぁまぁって感じなのです。
もちろん映像表現はいつもの如く1話から手加減無しの全力投球ですが。
表現ではなく中身の印象が回が進むごとに尻上がりに良くなってくので。
5話のコメディも6話のシリアスも2話と比べて格段に印象が強いのです。
改めてもう一回1話から見返したけどその印象は変わらなかったのです。
決して見続けたことで作品の魅力が見えてきたわけではないはずです。
見続けたり再見することで初めて見えてくる魅力もありはしますが。
つまりこの作品の本当の実力はちょっと見ただけではわからないよと。
特に6話のラブストーリー描写では新房組の底力を見せつけてるから。

新房アニメというと他とは一線を画す表現手法が印象的です。
どれも一見して新房アニメとわかるほどに見た目に特徴があるのに
それぞれの作品はちゃんと表現スタイルが違うという芸の細かさです。
そんな新房アニメとしてこの作品のスタイルはどんな感じかというと。
古風な喫茶店の内装に合わせてレトロな雰囲気を漂わせてる感じかな。
なんちゃってレトロな絶望先生よりももっとストレートに懐かしい感じ。
作中の時間は昭和20年から60年経ってると言ってるからほぼ現代です。
でも茶色い木と赤や青の空気の色が目立って自然と生活が近い感じで。
60年前の光景が現代の中に溶けこんで時間がまるで繋がってるみたい。
原作でも多少は(あえて)洗練されてない雰囲気を描いてはいたけど、
アニメでは作品の内容を考えて徹底的にその方向で突き詰めたようで。

表現技法が(大沼心さんの)efとわりと似てるかなとも思ったよ。
それは大沼心さんの演出スタイルが色濃く出てるってことですな。
※今回は監督が新房さんで大沼心さんはシリーズディレクター
6話のシリアスな感情描写が絶妙なあたりがまさにefに通ずるわけで。
潤が恐怖に飲まれていくところの描写もef2期の表現を彷彿としたよ。
今作は物語があって感情描写が大事なので意図してそうしたのかなと。
画面の後処理を執拗なほどにやってるのも大沼心さんっぽいとこすね。

もうひとつ表現技法でとても印象に残ったのが背景の多層スライド。
まるでセル画時代に背景を何枚も重ねて表現したのを彷彿とします。
最近はダイナミックな構図を見せる場合に3Dを使うことが増えたので
こんな感じに平面的な絵を多重にスライドするのは珍しいようなと。
それも一般的で控えめな使い方ではなく極端に動かしてたりするし。
あえて3Dでは出せない平面的だけど奥行きを感じる画面を作った感じ。
デジタル制作ならレイヤーで簡単に実現できるのを利用したんだね。
今は昔よりも実現の手間が格段に楽なので動きも好きに試せるわけで。
結果として先祖帰りな表現ではなく古くて斬新な印象になってるのです。

話は変わってキャラの話。潤のこと。
最初(2話)に出てきたときは完璧に男の子に見えたのです。
公式サイトのキャラ紹介も(知らなきゃ)男の子にしか見えないしね。
でも時々あれ?女の子?と思えるシーンが挿入されてたりして。
(それか体は男で心は女の性同一性障害なのかなと)
時々変に引っ掛かる反応をするのも女の子だと思うと納得というか。

5話に至ってはそれっぽいヒントを次から次へと提示したりして。
ただ決定的な部分は見せてくれなかったので確信は出来なかったよ。
男なら胸を隠す必要はないけど、このスタッフならやるかもだし(笑)。
まぁ「女は計算高い」と言ってるあたりで十中八九女と思ったけどね。
こんなこと言うのは女か女に痛い目に会わされた人ぐらいだから。
潤は女なんだけど女が嫌いで、自分が女であることも嫌なのかなと。
出てきた情報の断片を繋ぎ合わせると女優かなんかをやってたとか!?
(OPに潤と一緒に出てる長髪の美少女がたぶん潤の女の姿でしょう)
そこから逃げたくなる何かが有ったのかな?男装してる理由もそのへん?

しかし着替え中の裸をバッチリ目撃して女と分からないのは凄いかも。
確かにパンツを穿いてて上がまっ平らなら分からないのかもしれない。
腰まわりのくびれが男女で違うけど幼児体型だと目立たないかもだし。
そもそも一は女の体を見慣れてないだろうからわからない可能性が。
見て分からなかったのは仕方ないし、知らなかったんだから仕方ない。
とは言え5話の一の潤に対する所業の数々は可哀想ですらありました。
メイド姿に「それで胸があったら本当に女だな」はさすがにヒドいよ。
だって胸が無いから女じゃないと言ってるようなもんだから……
ちなみにそのセリフの次の瞬間に潤のパンチが一に炸裂しました。

原作を確認してみたら1巻では潤が女だと思える瞬間は全く無かったり。
1巻分に対応するアニメ2~4話には何度か女だと思える瞬間があるのに。
該当箇所を見比べた限りは意図的にそう見えるように改変してあるね。
つまり知った後に改めて見返せば確かにと思えるようにしてあるのです。
そして原作はアニメと比較するとそのへんの配慮が多少弱いのでした。
雰囲気も徹底的に描写してるアニメと比べるとわりとあっさりだしね。
題材が興味深かったのに続きを読まなかった理由はたぶんそのへんすね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。