まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

夏目友人帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目友人帳 7~13話

やっぱり2クール目をやるみたいっすね。1月から。
と言うわけで1月からの放送の前に急いで続きを見てみました。
ほぼ1話読みきりなのでどこから見てもそんなに問題はないけどね。
でも13話では一応の区切りっぽい1クール目の総決算的な内容に。
再登場可能なキャラが全員登場して再会して花火を見ていました。
(名を返された妖怪は再登場できないみたい)
そのシーンを見ながらARIAの1期の最終回に似てるなとか思ったよ。

前回に分割2クールでなくとも第2弾は有りそうと書きました。
それはつまりあの時点でかなりいい数字が出てたって意味です。
そして今、3巻まで出たDVDは結構いい成績を収めてるようです。
最近のアニメとしては人気がかなり上位に入るってことです。
しかしDISCASの在庫数はかなり人気のない作品のレベルです……
※この作品の人気なら適正在庫は50~60枚ぐらい
在庫とニーズの不均衡で極めて借りにくい状況になってます。
恐らく今年の新作アニメで最も借りにくいと思われます。
もしもDISCASで借りたいなら苦情を入れたほうがいいと思うよ。
もちろん私はとっくに在庫増やせ!ゴルァと苦情を入れました(爆)。

内容について。
1話読みきりなので物語の流れみたいのはあまり無いです。
でも読みきりエピソードと連動した内面の変化みたいのはあります。
夏目のアヤカシに対する距離感が変化していくとこなんかまさにそれ。
アヤカシが見えたせいで小さい頃は他人との関係が上手く築けなかった。
だから見えなくなればいいと思った。今でもそう思ってたはずなのです。
だけど実際にアヤカシが見えなくなった人と出会うことで自問をする。
煩わしいと思いながらも関係を紡いでしまった、その後に無くなったら
8話のホタル(キヨ)の話はまさにそれを実感されてくれるエピソード。
今回見た中では一番印象的で感動的な話でした。涙ポロポロでした。

読みきり体裁というのはエピソードの出来不出来で印象が上下します。
あまり感動の方向に偏りすぎるとエピソードの幅が狭くなります。
ほどよく楽しませてほどよく感動させるバランス感覚が重要です。
この作品はいかにも感動みたいなエピソードの組み立てはしてなくて、
わりと淡々と話が進んだりちょっとコミカルに見せたりするのです。
でも物語の終盤に向かってじわーーと感動がこみ上げてくるのです。
一つ一つの話は小粒に見えて終わってみると記憶に刻まれてるのです。
エピソードが魂にヒットした率がとても高い作品だなと思ったよ。

前回、このアニメはエピソードを抜粋しないで映像化してると書きました。
そして恐らく2クールなのでオリジナルが入るだろうとも予想してました。
だからこれは原作つきか?オリジナルか?とか考えながら見ていたのです。
(比較のために原作を買ってあったけど先に読んではいない)
で11話の「ニャンコ徒然帳」がじわーーとこないからオリジナルかなと。
あと13話の「秋の夜宴」は原作の体裁からして99%オリシナルだろうなと。
原作そのままだとシリーズの(一応の)終わりを印象づけるのが難しいから。
にしても笹田はすっかりサブレギュラーとして目立ちまくってますな。
※原作では「時雨と少女」エピソードのみの登場

見た後に原作を確認したらなんと「ニャンコ徒然帳」は原作に有りました。
原作はたった8ページしかないのでアニメと全然内容が違ったりしますが。
※通常の回は40~50ページある
よーするに原作は有るけどかなりオリジナルに近い内容だってことです。
見ていた時の印象は当たらずとも遠からずという感じですかね。

原作を確認して驚いたのが子狐の話(子狐のぼうし)。
この回も原作はショート(16頁)でアニメはずいぶん内容が違ってたりして。
なんと原作には葉っぱの傘を夏目にあげるところまでしか無いのです。
後半の夏目に会うためにやってくるエピソードは全く無いのですよ。
凄く印象的な子狐の「寂しかったのはボク」ってセリフも無いのです。
最後に感動がじわーっとこみ上げてくる展開も原作には無いのです。
アニメスタッフが原作の手法に似せて話を膨らませたってことなのです。
これにはアニメスタッフGJ!と思ったよ。まぁ、ここに限らないが。

あとは1話ずつ簡単に。

7話。「子狐のぼうし」4巻特別編1より
この回は上に書いてあるように原作をかなり膨らませてある内容です。
アレンジによってちょっとした話がとても印象的な話になってるのです。
滋さんが茶碗を受け取って来て欲しいと頼むのもアニメで追加した内容で、
誰かに何かを頼まれることは嬉しいことなんだなもアニメだけの内容です。
滋さんが夏目を家族として扱ってるのが実感できてとても良かったなと。

8話。「儚い光」3巻10話より
上に書いたとおり後半ではこの回が最も印象的で最も切ない内容でした。
もう会うことは叶わないけど好きな人が幸せになれたならそれでいい、
みたいな話はそう珍しくないけどこの話は最後のシーンが凄く良かった。
そっと影から見守るのではなく二人を祝福するために有ることをするので。
この鮮やかなシーンはアニメだと凄く映えるし感情を揺さぶってくれるよ。

9話。「あやかし祓い」2巻7話より
原作にもある名取さんのキラキラ効果がやたらパワーアップしてて笑った。
石田彰さんの声で二枚目を自覚した態度をとるあたり狙いすぎだろう(笑)。
冷たいやつかと思わせて実は妖のことを思ってるあたりも美味しすぎです。
そして人と妖の関係が話が終わった後にも続いていくのが印象的でした。
実は名取さんと柊は1回こっきりのゲストではなく原作でも再登場します。

10話。「アサギの琴」2巻8話より
この回に一番印象的だったのが最後のアサギが琴を演奏するシーン。
聞いたことも無いような美しい音色をなんと静寂(無音)で表現してたので。
確かに実際に音を出してしまうと想像もできない音色にはならないわけで。
静寂であるが故にいっそうアサギの想いと演奏のイメージが伝わってくる。
場のイメージを最大限に伝えようとしたスタッフの苦心には感嘆したよ。

11話。「ニャンコ徒然帳」4巻特別編3より
この回は原作がたった8ページしかないのですっかり別物になってます。
原作には夏目に追い出されるとこと穴に落ちたあとの内容しかないので。
ニャンコ先生が家出していろいろやらかした内容は全てアニメオリジナル。
原作よりもはるかに徒然帳ってサブタイトルに相応しい内容になってます。
レイコに化けたニャンコ先生にたかられた西村と北本はご愁傷様って感じ。

12話。「五日印」2巻6話より
この回は夏目が退魔っぽいことをするのでいつもと毛色が違ってます。
自分を追いかけてくる黒い影の怪談っぽさも含めて百鬼夜行抄のようだ。
百鬼夜行抄もアニメ化してくれないかなとかこの回を見ながら思ったよ。
夏目は迷惑をかけないように家に帰らなかったので後で怒られるのです。
いつもは優しい塔子さんの凄い怒りっぷりで心配の大きさを思い知ります。

13話。「秋の夜宴」オリジナル?
1クール目の総決算というか出会った人や妖たちとの同窓会みたいな回。
いつもは少ししか出番がない田沼や他のクラスメイトもずっと出てます。
原作には(たぶん)ない田沼の家に入るシーンが有るのが興味深かったよ。
笹田が夏目と話すためアレコレ企んだのに上手く行かないのも笑えます。
田沼と子狐と一緒の最後のシーンは人とも妖とも関係を紡いだ象徴すね。
スポンサーサイト

夏目友人帳 1~6話

7月からテレビ東京系他(7局)で月曜日の深夜に放送してる新番組。
9月からAT-Xでも放送するので地上波で見れない人はそちらで。
原作は少女誌(LaLa)のマンガで読んだことはありません。
※セル・レンタルDVDのリリースは10/22から
小さい頃から人に見えないものを見た夏目はそのせいで皆に疎まれていた。
両親を亡くした夏目はその力のせいで親戚の家を転々とすることになった。
そして最近、かつて祖母も住んでいた緑の豊かなこの町へとやってきた。
なぜかこの町に来てから以前より妖怪に追いまわされることが多くなった。
今日も、いつものように得体の知れない妖怪に追いまわされて逃げていた。
なんとか神社に逃げ込んだが、気が緩んでうっかり結界を壊してしまう。
そして夏目の前に現われたのが招き猫の姿をした妖怪・斑(まだら)だった。

斑の話では祖母のレイコも人に見えないものが見えて疎まれていたらしい。
人の間で孤独だったレイコはこのあたりの妖怪たちを相手にするようになり、
片っ端から勝負を挑んでは持ち前の妖力で次々と負かしていったのだそうな。
友人帳はレイコが子分にした妖怪たちの名を証として書き連ねたモノで
それを持つ者が名を呼べばその妖怪たちを使役できる恐るべきモノだった。
ニャンコ先生(斑)が夏目の前に現われたのは友人帳を奪おうとしたからで、
この地に来てから妖怪に追われることが増えたのも友人帳のせいだった。
本来の姿で友人帳をよこせと凄んだ斑を拳でねじ伏せた(凄い!)夏目は、
祖母の想いを継いで友人帳の妖怪たちに名を返すことにしたのである。

この作者の「あかく咲く声」を1巻が出た当時に読んだことがあります。
内容はすっかり忘れてるけど不思議で興味深い内容だった記憶があります。
なので機会があれば続きを読もうかなと思ったりもしました。
が、いつの間にか既読の本の中に埋没してそんなことを忘れてました(爆)。
(大量に本を読むのでその展開は結構ありがちです)
この作品も本屋でその存在を認識していたけど結局読んだことはなかった。
気になる作品を全て読めるほど時間が有ればいいのだけどね……
なのでアニメで初めて内容を知りました。
その感想を一言で語るなら、いい話だなと。とても素敵な話だなと
物語は淡々と流れていくけど最後にじわーーっと胸の奥にこみ上げてくる。
いかにも感動的って感じの話じゃないのに凄く感情を揺さぶられるのです。
特に燕の話(6話)と露神の話(2話)は何度も見たくなるぐらい良かったよ。

アニメを見た後に原作を2巻まで買ってきて読んでみました。
でざっと比べた限りアニメの内容はほとんど原作と同じです。
細かい違いは結構有るけど大筋の内容と雰囲気は原作にかなり忠実です。
つまり淡々と流れていって最後にじわーーっも原作そのまんまです。
アニメ絵のキッチリした線の印象をソフトフォーカスで薄くしてるのも
原作の持つアナログ的な線の柔らかさを出そうとしてるみたいだし。
少しのアレンジがさりげなくいい方向に効いてたりするのも含めて
かなり理想的にアニメ化されたんではないかと思うのでした。
それに比べて秘密のアニメはちょっとあんまりだったな……

内容のこと。
この作品は人と妖怪の関わりというわりとポピュラーな題材です。
その中でこの作品の特徴と言えるのは人と妖怪との距離感だろうか。
妖怪は人に害を及ぼすバケモノとして戦うというスタンスではなく
当たり前に人の世界に存在する隣人として交流をするわけでもない。
あくまで人と異なる理の中に存在する人とは異質な存在であって、
言葉が通じて親しみが持てそうで、でも油断すると足元を救われる
敵ではなく味方でもない、善でも悪でもない、全く違う世界の存在。
その絶妙な距離感こそが交流に成功したときに感動を呼ぶのです。
方向性としては百鬼夜行抄なんかが近いといえるかもしれない。
蟲師のアニメを見てて百鬼夜行抄もアニメ化しないかなと思ったよ。
百鬼夜行抄よりこの作品の方が素直に感動できるので一般向きかもね。
そして百鬼夜行抄の大ファンなのでこの作品も好みってことです。
実は今やってるので内容的には一番好きかもしれん。
(ひだまりは新房さんの映像センスに惚れてる部分が大きい)
時間の都合をつけてできるだけ続きを見たいっすね。

原作が現在までに6巻まで出てるってことは24話分ほどあるわけで
普通に1クール作品として作るならエピソードの抜粋になるはずです。
にもかかわらず6話までの内容はほとんど収録順にそっている。
さらに5話にオリジナルエピソードまで入れている。
ってことはもしかしてこれも変則2クール作品なんだろうか?
同じ枠のヴァンパイア騎士が変則2クールだからこれもそうかもね。
まぁ、今の人気なら変則でなくても第2弾をやる可能性は有るけど。
この手のアニメはもっと増えて欲しいので期待してしまいます。

あとは1話ずつ簡単に。

1話。「猫と友人帳」1巻1話より
登場時は恐怖感ばかりだったのに実は心優しい妖怪だったのが印象的。
この作品の本質が心にじわーっと染み入ってくるモノと実感した1話でした。
ニャンコ先生のずんぐりむっくりな見た目と本来の姿のギャップが凄いよ。
斑って見た感じ結構強そうなのに夏目のパンチに負けてるのが笑えます。
にしてもニャンコ先生って呼び方は……視聴者は元ネタ知ってるのかね?

2話。「露神の祠」1巻2話より
この話でみょーに記憶に残ってるのが露神の描いたススギの絵(笑)。
毛はないのか?で笑ってるのは絵がまんまオバQだからなんだけど
今時の若人ってオバケのQ太郎って知ってるのでしょうか!?
そのススギの「まいりました」で迫ってくる姿が凄く怖かったよ。
最後の露神の独り言にハナさんが答えるのはアニメでのアレンジです。

3話。「八ツ原の怪人」1巻3話より
最初に犯人だと思った人と本当の犯人は別というフェイクな展開の話。
実は原作だとアニメと違って中級たちは最初から犯人を知っていたりする。
アニメの方が笑える中級たちのキャラと間抜けなオチで釣り合ってるね。
あと小さい頃の人間に化けて夏目を慰めていた妖怪がとても印象的だった。
あんな別れ方だと自分だったら後で思い出して後悔してしまいそうだよ。

4話。「時雨と少女」2巻1話より
笹田の語った招福の若神様(時雨)ってよーするに座敷童子っすね。
それが欲の突っ張った人間のせいで不浄の存在になってしまった。
人に穢されて人を恨むといいながら人を憎みきれない妖怪でした。
傘を被ってたりバケツを被ってたりと不気味だけど何か滑稽だったよ。
ちなみに原作での笹田の出番はここだけで最後に引っ越していきます。

5話。「心色の切符」オリジナル
2巻までに無かったのでオリジナル?とか思ったらやっぱそうでした。
このエピソードだけじわーーっと来ないのでアレ?とは思ったんだよ。
原作とはちょっと毛色が違うこんなエピソードも面白いとは思うけど。
「さんと」の鬱陶しいほどにもっさりしたキャラが印象的だったから。
にしても約束したけど来なかった理由が単に忘れてただけって酷い(笑)。

6話。「水底の燕」1巻4話より
この回で燕以外でみょーに印象に残ったのが垂申(たるさる)の行動だね。
表情が見えないのでひょうきんな見た目に騙されてしまいそうになる。
親切心で祭りに誘ってるのかと思えば実は陥れようとしてたりするし。
喰って何が悪いとか言ったすぐ後に興味が湧いたからと手助けしてるし。
垂申の存在こそがこの作品の人と妖怪との距離感の象徴だったなと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。