まめに録画する根性はない。DVDを買い続ける金もない。 だからレンタルビデオで行こう!

R.O.D THE TV

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R.O.D THE TV 1~9巻

20話で放送をぶち切ったR.O.D THE TVの続きです。
半年ぐらい開いちゃったので内容の再確認とか気分の盛り上げとか、
まーそんな意味も兼ねて、最初からDVDで借りなおして見てみたよ。
(テレビの続きだけなら8~9巻だけで十分です)
ちなみに前半は先週見ました。2クール一挙はさすがに無理。

にしても最後まで見てもやっぱり20話で切るのはひどいっすね。
ストーリーの展開で切りがいいわけでは無いし。
つーかストーリーがヤな感じに盛りあがったその真っ只中だし。
シリーズ中でも最も悲惨な状況で次に引いちゃってるし。
1ヶ月ぐらいならまだしも続きは半年後って笑えない冗談だぜ。
最初からビデオで見てた方が良かったかもしれない。

後半の展開は前半と違ってストーリーがずっと繋がってて
3姉妹+ねねね、そして途中から加わった読子+ナンシー、
助けに来たドレイク、事実を知って合流したジュニアの計8人が
ジョーカー及び大英図書館(と読仙社)を敵に回す展開になるのです。
よーするに前半のクライマックスの12~13話の続きってコトです。

後半の途中までは逃亡生活ながら一時的に落ち着くシーンも有ったり。
神保町の本を全部燃やしちゃったり、(日本の)国会図書館を
大英図書館が買収したり、逃走で崩壊しちゃったりもするけど(爆)。
ビブリオマニアのための作品と銘打ちだけあって、
本好きのツボをうまく心得た舞台設定が随所にされてるっすね。
しかし本好きだからこそ、ショックの多い展開でもある。
本好きじゃないと神保町の惨状は実感として分からんだろうし。

そーいや、
この作品を見てから神保町に行くと感動するみたいっすね。
(作品のファンが舞台を見に行くのを聖地巡礼と言う・爆)
作品の舞台がホントにそこに実在してるって感じで。
まぁ、神保町を良く知ってる人間だってOVAで初めて見た時に
街の雰囲気も含めてちゃんと再現されてて感動したぐらいだし。
さすがにトトブックスはあそこには実在しないけどな(笑)。
でも実際に存在してても違和感がない街でもあるのだった。

話は内容に戻り
後半も途中あたりからクライマックスに向けて
どんどん悲惨な展開になってきます。
メンバーもバラバラになるし、3姉妹もバラバラに。
そしてアニタ視点で他の二人が生死不明で放送終了……
最も悲惨な状況で次に引いてるというのはそーいうコト。
たぶん生きてるだろうとはなんとなく思ってはいたけど。
でも主人公(アニタ)の視点にシンクロして見てるわけだから
アニタにとってショックの展開は見ててズキッと来るっすね。

ショックと言えば3姉妹がバラバラでいる最中に
アニタの過去が、そして3姉妹の真実が明らかになります。
知らなければ良かった残酷な真実とも言うべき内容が。
当の3姉妹も激しくショックだけと見てるほうも超ショックだったよ。
(これを先に知っちゃうと前半の印象が変るので詳細は書きませんが)

アニタはこれの直前に誰も頼る人がいなくなって
ひさちゃんに会いに行って「あなただれ?」って言われて。
他に行くあてもないので学校生活を再開してみたりして。
そしていればいるほど違和感が増幅していくのです。
これは私の知ってるひさちゃんじゃないと思い知るのです。
そんな感じでショックの連続と言うかキツイ展開が続いたり。

真実を知って打ちひしがれた3姉妹が再会するシーンが。
このシーンで一番印象的と言うか胸に突き刺さるのが
ミシェール(一番上)が声を荒らげて泣くシーンだったり。
つーかアニタは喜怒哀楽がハッキリしててわりとよく泣くし
マギーも気が弱くて泣き虫みたいな印象があるけど
ミシェールはお調子もので悪びれないし泣かないから。
泣かない人がここぞと見せる涙ってかなり破壊力があります。
視聴者にとっても、アニタやマギーにとっても。
それが結果的に3姉妹の絆を再確認することになるわけで。

そっから先は情緒的にはケリがついたと言うか
後は大事な人を助けて全てを終わらせるだけと言うか。
ラストはOVAでも見せてくれた大掛かりな機械仕掛けが登場して
クライマックスに相応しい派手なビジュアルで盛りあがります。
そしてどーなるかは、まぁ実際に見てください。

放送とDVDの違い。
地上波の放送は先行放送をすでにリテイクしたバージョンで
DVDはそれとほぼ同じバージョンになってるようです。
絵が荒れてるシーンも多少残ってたけどそのままでした。

あと放送規制の関係か洞窟の温泉の回で
放送だと湯気で隠れてたのがDVDだとクッキリ見えてます。
でも改めて見比べたけど放送版もさほど違和感は無かったり。

前にも書いたけど本編の長さの関係でカットされてる話も。
本編が1分ほど長い回は本編にエンディングロールが被ってます。
1話(紙の鳥が飛ぶ)、5話(お城に潜入する)、11話(ひさちゃんとお別れ)、
13話(香港が水没する)がまさにそんな感じになってるでしょ?

11話だけ少し構成が凝ってて終業式までがエンディングに被って
その後の香港の部分はエンディング後に入ってます。
これは放送版の方が構成がいいんじゃないかと思ったり。
1話もエンディングが文字だけなんで放送版の方がいいような。
こーいう微妙なバージョン違いこそ映像特典で欲しいんですが。
オーディオコメンタリーなんぞよりも!

長さが1分より長くて内容がカットされてる回。
10話(クリスマス)はサブタイトル直後のパーティに行く前の部分を。
18話(実家でまったり)はCM直後のねねねが出る部分をカット。
そー言われてみれば、って感じで見比べるまで気がつかなかった(汗)。
わりとカットされてても違和感が無かったからってのもあるかも。
まぁ、いかに違和感なくカットするかが腕の見せ所なんだけど。

21話以降は放送してないんで比較しようもないですが
24話が3分、25話が2分、26話なんか5分30秒も長かったり。
最初から地上波で放送する気なかったんかい!って感じが。

ちなみに最終話のエンディングはちょっと変則構成になってます。
後半のエンディングの曲と絵で始まってその絵がズームして
アニタとひさちゃん(実はだったりする)のセリフが入って。
そのままラストのエンディングっぽい構成の絵が流れて、
ラストカットをはさんでその後に黒バックでエンドロール。
これ黒バックじゃない方にエンドロール入れる選択肢もありかも。
それでも4分長いけどOPカットして余韻の部分を編集すれば入りそう。
放送しなかったんだからどーでもいい話ですが。
スポンサーサイト

R.O.D THE TV 15~20話

ついに読子が登場です!
なんと隠れていた場所はずっとOPに出ていたのだった……
と言っても実際に見ないと分からないでしょうが。

前半にも1度出てきたドレイクさんも再登場。
そして読子と一緒にナンシーさんも登場です。
ジョーカー&ウェンディーも含めてOVAキャラがついに再結集。
後半はOVAを見ていた方が面白い、というか見てないと説明不足かも

OVAを見てない人のために簡単に補足すると
ナンシーさんは実は二人いるのです。
なぜ二人なのかはネタバレになるので自分でOVAを確認してちょ。
で、姉の方が読子が友達と言ってる人。もうこの世にいない。
TV版で出てきてるのは妹の方で「妹をよろしく」ってつまりコレ。

読子(や三姉妹)には紙を操る能力が有るけど
それと同様にナンシーにも壁をすり抜ける能力が有るのです。
(現在のナンシーは一度記憶喪失になって能力も消えた!?)
だからジュニアが壁をすり抜けるのを見てもしやと思ってたら
やっぱそーいうことなのか。読子が潜伏してた理由もそこだったり。

12~13話でビルを崩壊させ都市を水没させる無茶っぷりだったけど
2クールに入ってからは次から次へととんでもない展開が……
ってゆーか神保町を更地にするとはナニゴトですか!
本好きに対する挑戦ですか?ケンカなら買いますよ!<おいおい

学校の友達と涙の別れをしながら結局日本に戻ってきたアニタ。
どんな顔して再会とか書いたけど、簡単に再会できる状況ではなくて
世界を敵に回すということがどーいうことか妙に実感する展開で。
20話の最後にアニタは仲間(姉妹)を失って、他に行くあてもなく
最後の頼みの学校の友達に会いに来て、そこで衝撃の言葉を聞く。
久美の「あなた誰?」ってセリフ。

実は直前にジョーカー&ウェンディーが何かやってて
視聴者的にはそれ関係なのはある程度予想がつくんだけど
アニタ的にはかなりショックな出来事なのは想像に難くない。
今にして思えば前半は平和だったよな……

つーわけで
とってもヤな状況で次の展開が気になって仕方ない20話の終わり。
そんなとこでフジテレビは放送を打ち切りやがりました……
番組編成の責任者は今すぐ死ね!即!って感じだよ。

続きはレンタルDVD待ちなので3ヶ月以上先です(泣)

R.O.D THE TV 9~14話

このへんからOVAに出てきたキャラが続々登場してきます。
OVA見た人だと「あ!」って感じだけど、見たことないと
何のことやらさっぱりですな。見てなくても話は分かるけど。

ストーリー展開の流れとしては三姉妹がねねねのボディーガードの
仕事を完了して香港に戻る……っぽい展開になるのです。
「っぽい」とはどーいうことかと言うと、それは見てのお楽しみ
つーか香港水没って、そんな無茶な……

香港に戻ると言うことは当然アニタは転校すると言うことで
日本でできた友達との涙の別れのエピソードがあったり。
でもすぐに再会するような……どんな顔して再会!?
まぁ、最終的には喜ぶんだろうけど。

転校→香港に戻るエピソードの前にクリスマスの話が。
ここで実は三姉妹が血が繋がらないってことが判明したり。
(アニタが血が繋がらないのは前にも出できてたけど)
それぞれ天涯孤独(?)な三人が読仙社の仕事の際に出会って
そして姉妹の契りを結んで一緒に暮らすようになったって話。
この作品は派手な紙技アクションがインパクト大で目を引くけど、
実は随所に感動的なシチュエーションが散りばめられてたりする。

読仙社がこの物語の重要なキーパーツであることもここで明らかに。
最初から散逸した希少本を探す仕事を三姉妹に依頼するという形で
登場してたし。三姉妹が出会うきっかけになった仕事の依頼主だし。
なんかアブナイ研究をやってるっぽい描写も出てきてたし。
(そこの説明は今まで全くされなかったけど)
そのへんの意味が分かるのです。ここ実はOVAと繋がってたり。

そして三姉妹vs読仙社という展開が。
って言っても読仙社は巨大な組織なので全面対決とはちょっと違う。
よーするに攫われたねねねを助けに香港支店(巨大なビル)に突撃!
わりと無茶な展開ですが、R.O.Dは元々そーいうノリなので(爆)。
12話「紙々の黄昏」13話「続・紙々の黄昏」とド派手な紙技大乱舞
これでラストかと思うような派手な盛り上がりっぷりです。

2クール目に入った14話。
これOVAも含めた総集編に近いかも(でも半分ぐらいは新作映像かな)。
ウェンディ(OVAにも出てきたキャラ)がこの世界の構図の現状をレポートに
するって感じの構成で、見てる人に今の状況を説明してくれます。
OVAではあまり説明されなかったあの事件の背景とかも出てきます。
ここにも映像は出てくるけどやっぱOVAも見ておいたほうがいい感じ。
ちなみにジュニアってジョーカーの陣営の人だったんだね。
ウェンディの顔が微妙に違う(歳とった?)ので分からんかったよ。

どーやら今後の展開は読子が鍵になるようで。

そうそう、
この作品はDVDレンタルをやってます(オンラインにもある)。
興味があるならそちらで見るという選択肢もあり。
※テレビでは長さの関係で少しカットされてる回もある

R.O.D THE TV 5~8話

相変わらず深夜枠を潰しまくりのフジテレビなので
3ヶ月かけて9話までしか放送されてません……
何ヶ月かけて放送する気なんでしょうか!?
また何話も残した状態で終わっちったりしてな。
そーなったらフジテレビに殴り込みだぜ!<おいおい

5話以降の大きな動きとしては
OVAの時の事件で散逸した希少本を探す展開があります。
5話と7話がまさにそれで久々にハラハラする展開に。
特に5話はOVAを彷彿とするような怪人キャラが登場するのです。
最後の方では結構涙がポポロな展開だったりもして。

6話と8話はアニタの学校を舞台にした話(4話も)。
3姉妹がメインだけど、その中でもアニタがいちおー主役らしい。
でアニタって年齢的には中1なのです。中学生だったのかい!(笑)
中学生だけど少年モノみたく無駄に格好つけたり青臭かったりしない、
美少女モノみたく不相応に媚びもしない、年齢相応にガキンチョ(爆)
まぁ、大人も出てくるので、子供は子供のままでいられるというか。
最近気づいたけどアニタの声ってラヴィ(ラストエグザイル)の人だね。

ところで、OVAから見てたので正直面食らってるのが
よく出てくるキャラが「女ばっかり」ってとこです(爆)。
3姉妹に居候先のねねね先生にアニタの学校の友達とか……
OVAはこんなに女ばっかじゃなかったんですが。
外形的にはすっかり美少女アニメになってしまってます(汗)。
ジュニアのことを、あんな可愛いのに(しかも長髪で)男で残念
とか言ってる人がいたけど、むしろ男で良かったと思ったよ(笑)。
もちっと男キャラも出してくれ。
媚びた内容じゃないしNOIRみたいなもんだと思えばいいんだけどさ。

R.O.D THE TV 1~4話

10月からフジテレビ(のみ)で水曜日の深夜に放送中の新番組。
スカパーのPPVでも先行放送してます。
1話でいきなり飛行機サイズの紙の鳥が空を飛んじゃったりして
OVAで度肝を抜いたペーパーアクションが地上波へ凱旋って感じです。
とか言っても思いっきり関東ローカルなんですが……

あ、主人公はOVAの読子ではなく香港のペーパー三姉妹らしい。
三姉妹は探偵とか便利屋みたいなのをお仕事にしてて、
日本人で作家の菫川ねねね(女です)が香港にサイン会に行った時に
ガイド兼ボディーガードみたいなカタチで知り合うのでした。
実はねねねは読子の親友で、読子は5年前から行方不明らしい。
3話ではおなじみ読子ビルが出てきます。もちろん神保町も。
今後読子が出てくるとか、その痕跡に繋がる展開もあるかもね。

三姉妹も紙が使えるってコトはつまり無類の本好きということで
地図で噂に聞いていた神保町を発見したときの表情と言ったら、
さながら財宝のありかを発見したような感じです。
本好きにとって世界一の本屋街はまさに金銀財宝の島ですが(笑)。
ただ三姉妹の一番下のアニタだけは本が大っ嫌いなのだった。
本が嫌いなのに紙が使えるのは不思議ってねねねが言ってるけど
実際この設定は重要な鍵になる気がする。読子に繋がる何かの。

OVAでは最初の神保町の徘徊シーン以外はアクションの連続だったけど
テレビシリーズはさすがに現実描写の割合が大きいっすね。
キャラの性格づけとか空間の奥行きとか、そーいうのをきっちり描いてる。
もちろんここぞと言うとこで例のペーパーアクションが炸裂します。
てなわせで、期待を裏切らないいいデキですな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。